Home > 11月, 2017

2017.11.29

第59回湘友会セミナー報告

  • 日時: 平成29年11月11日(土) 14:00~16:00
  • 場所: 湘南高校歴史館
  • 講師: 関 佳史(48回生、サッカー部OB、㈱tvkコミュニケーションズ代表取締役社長)
  • テーマ: 『ローカルメディアの役割 ~テレビ神奈川での挑戦の日々~』

24回生から92回生まで幅広い年齢のOBに加えて、サッカー部現役生徒45名が参加し、合計113名の出席となった。

テレビ神奈川に37年間勤めた関氏は、まず、テレビ神奈川が置かれている厳しい経営環境の説明をした。

東京キー局に囲まれたテレビ神奈川は、「独立局の雄」と言われながらも、売り上げ規模はキー局の40分の1以下、視聴率では大きな差をつけられていた。

そこで、この差を埋めるため、音楽番組など独自の道を開拓してきた。現在のテレビ神奈川のブランド戦略は「ヨコハマ開放区」で視聴者に開かれた放送局を目指す。

編成戦略は「エリア」と「超個性」。地域情報番組や神奈川県のプロ・アマスポーツを応援する一方、音楽番組、バラエティ、ドラマなどエッジの効いた番組を全国に発信している。

関氏は30歳代中盤の1990年頃から音楽番組の製作担当を13年間務めた。当時のレコード業界は1980年代よりプロモーションビデオの製作を開始し、テレビ神奈川は、その受け皿として日本でオンリーワンの音楽ステーションとなっていた。“演歌、アイドルをOAしないJPOPのテレビ局”という方針のもと、番組の製作を行うとともに多くのロック系アーテイストの育成に携わった。

1997年には前年にミリオンヒットを記録したばかりのPUFFYを朝の番組「SAKU2」のレギュラーMCに起用し、その後20年継続する番組に育てた。

そんな音楽番組担当時代を、関氏が過去に制作した音楽番組の懐かしい映像などを織り交ぜながら振り返った。

その後、放送局の放送全般の指揮をとる編成部長に就任。その傍らでバラエティ番組、ドラマなどの製作にも注力する。関東、中部、関西の独立局と協力し、製作委員会方式で番組制作を行うフレームづくりを行う。

スポンサーからの収入だけでなく、コンテンツそのものから収益をあげるため、DVD、書籍、ネット配信、国内外への番組販売など多岐にわたる販売ルートの開発に取り組んだ。

2006年から開始した「イヌ、ネコシリーズ」は現在まで継続している。30分のドラマと映画の公開というパターンで話題をつくった。民間放送が時代劇から撤退した2013年には北村一輝主演の「猫侍」で時代劇に進出しスマッシュヒット作品となった。

地域に根ざした放送局が神奈川県だけでなく、全国へ情報発信していくことを目指し、また、東京キー局に対してカウンタープログラム的手法で生き残りを図ってきたと、テレビ神奈川の戦略を締めくくった。

内海邦一 (48回生)

2017.11.28

第58回湘友会セミナー報告

  • 日時: 平成29年10月14日(土) 14:00~16:00
  • 場所: 湘南高校歴史館スタジオ
  • 講師: 間中 信也(34回生, 温知会間中病院 統括院長)
  • テーマ: 健康寿命を延ばすために ~認知症、脳血管障害 (脳梗塞、脳出血など) を識る、防ぐ、治す~

講師の間中さんの専門領域は、脳神経外科、神経生理学、頭痛学であって、現在も現役の医師として診療にあたっていらっしゃいます。

今回のセミナーでは、高齢者にとっていちばん、なりたくない病気である認知症、あるいは脳梗塞、脳出血などの脳血管障害について分かりやすくお話ししていただきました。

今回のセミナーは、健康寿命こそが “いのち” であるとして、たくさんのスライドを用いてユーモア溢れる語り口で説明された。話が始まってまもなく湘南高校の校歌が流れた時には一瞬テーマを間違えて話が始まったのではと思ったが、実はそうではなく、卒業して数十年たって校歌を思いだせなかったら認知症が始まっているかも、というチェックのための演者の策謀だったかもしれない。

 

講演は全体をフルコースの料理のメニューになぞらえて説明が進められた。

  • 小前菜 (アミューズ・ブッシュ) 認知症とは
  • 前菜 (オードブル) 記憶について
  • ポタージュ (スープ) 認知症、あれこれ
  • 魚料理 (ポワソン) 認知症の診断
  • 口直し用氷菓 (ソルベ) 認知症の進行
  • 肉料理 (ヴィヤンドウ) 認知症、治療
  • デザート (デセール) 認知症、未病化
  • 食後のコーヒー認知症、生活のヒント

まとめとして、元気で長生きの秘訣、老化とボケを遅らせるコツと、五大疾病 (認知症、がん、脳卒中、心臓病、糖尿病) に対するどんな薬よりも効果的な予防法は、よく言われる “良質の食事、適度な運動、心豊かな生活・快眠” であるとし、いつまでも脳の輝きを保ちましょうと締めくくられた。

講演終了後の質疑応答がたいへん活発に行われたことから、このテーマに対するみなさんの関心の高さがあらためて認識された。

講演に先立ち配布されたレジュメは、これだけでも講演の全貌がほぼわかるくらいにまとめられているので興味のある方は下記のリンク先をご覧いただきたい。

2017.11.20

第4回ヤンゴン湘友会 会合報告

半年間続いた雨季も漸く明けて、絶好の観光シーズンとなった当地ヤンゴンで第4回ヤンゴン湘友会 会合が市内の日本食レストラン「藤の坊」で開催されました。

朝晩はすがすがしい気候で、駐在員にとっては待ちに待ったシーズンの到来です。

新たに82回生の若井さんも加わり、総勢12名の大所帯となりましたが、今回は5名の参加。

なんと理系女の新人若井さん(東工大出身) が、当地ミャンマーで孤軍奮闘し頑張っているITベンチャー企業の日常を語ってくれて、我々先輩諸氏も後輩の奮闘振りに思わず微笑みを浮かべて楽しい夜を過ごしました。

ラスト フロンティアと呼ばれるミャンマーでは、その国民の親日性、Hospitalityにも助けられて 当地でのビジネスを何とか立ち上げようと寝る暇も惜しんで、湘友会の諸氏 が日夜奮闘しています。そんな激務を癒す湘友会の会合は、やはり地元湘南の話題、高校時代の逸話、友人たちの消息と話題には事欠かず、夜も更けるまで、会話を楽しんでしまいました。

最後の締めは参加者全員で校歌を斉唱、次回への集いを確認し合って解散となりました。

ヤンゴン湘友会はヤンゴン在住の方のみならず、タイ・シンガポール等近隣諸国在住の方でミャンマーに来る機会のある方、さらには日本在住なるもミャンマーでのビジネスを展開させるべく出張でお越しになられる方を大歓迎していますので、是非御一報ください。

連絡先は、事務局の飯島さんです。
 メールアドレス: Iijima-A❀frontier❀marubeni.com (❀frontier❀を@に変換)

ヤンゴン湘友会 会長
井土光夫 (53回生)

2017.11.19

体操部で特に必要な「ゆか・タンブリング用新規格スプリング」の購入補助金などの寄付金贈呈式を行いました

湘南高校体操部同窓会は平成29年8月17日のお知らせの通り平成29年9月30日にご異議等も無く解散になりましたので、平成29年10月24日に湘南高校校長室において、体操部で特に必要な「ゆか・タンブリング用新規格スプリング」の購入補助金200,000円と部活振興費5,000円の寄付金贈呈式を行いました。

寄付金贈呈式には学校側からは校長先生・顧問の先生・体操部員、解散した同窓会側からは元会長・元副会長が出席し、顧問の先生の進行で自己紹介の後、元会長より解散に至った経緯の説明があり、元副会長より前述の寄付金を体操部に贈呈しました。最後に校長先生がお礼の言葉と共に「同窓会の存在は体操部の発展に大きな力であったので、解散は誠に残念です。いつかまた同窓会が復活し力を与えて戴ける事を期待します。」と締めくくられました。

この寄付金贈呈式により、湘南高校体操部同窓会解散に関する残務処理はすべて完了しました。元会員の皆様のご理解とご協力有難うございました。体操部の益々の発展をお祈り申し上げます。

湘南高校体操部同窓会 元役員一同

2017.11.10

「一成さんの会」 今年も集まりました。

昭和29年から昭和48年まで湘南高校に在職された石川一成先生が不慮の事故で急逝されたのは昭和59年10月でした。一成さんが担任された最後のクラスである48回生31組は、毎年10月に、お墓参りと偲ぶ会を「一成さんの会」と称して行っており、お墓参りには数人、偲ぶ会には十数人が参加しています。このような会が33年間も途切れることなく続き、クラスのメンバーの多くが参加しているというのは、人それぞれ違っても、高校時代に一成さんから大切なものをもらったからだと思います。この会の常連だったメンバーのうち3人が一成さんと同じ世界に行ってしまいましたが、我々が集まっているときに、こちらと同じように、一成さんとともに酒を酌み交わしているような気がしています。

近藤 和朗 (48回生)

次へ »