Home > 0.お知らせ

2017.08.29

鎌倉・逗葉支部 2017年”秋の集い”のご案内

湘友会鎌倉・逗葉支部会員 各位

湘友会鎌倉・逗葉支部 支部長 鈴木 宗夫 (32回生)

『趣向を変えた秋の集い 開催のご案内』

一昨年は久々の総会を鎌倉パークホテルで、昨年は鎌倉・逗葉支部と改称し「葉山名店食べ尽くし」と銘打った手作り感溢れる葉山福祉文化会館での秋の集いを開催しました。

今年は、役員と幹事で知恵を絞り、講演会と懇親会の開催場所を分け、講演会は会員以外の方々にも参加を広げ、地域に即したテーマを取り上げました。ご家族やご友人をお誘いの上ご参加頂くようお願い申し上げます。

本会の目的である会員相互の親睦はもとより、少し広がりのある場となるような新たな試みとして、下記の通り秋の集いを開催することに致しましたので、ご案内申し上げます。

1.日程 平成29年11月18日(土)

2.会場・スケジュール

 1) 第一部 講演会 於 鎌倉生涯学習センターホール
   10:30~12:00 (受付開始 10:00)
 2) 第二部 懇親会 於 銀座アスター(鎌倉駅西口)
   12:30~14:30

3. 会費 5,000円 (会員以外で講演会のみの方は無料)

4. 内容

 1) 第一部 講演会 題目「湘南地方を襲う地震と津波」 (*1)
   講演者 加藤 照之氏 (46回生) (*2)
 2) 第二部 懇親会
  ① 支部長挨拶
  ② 来賓ご挨拶
  ③ 懇談
  ④ エールと校歌斉唱

❋出欠の連絡

会場準備の都合上、出席される方は9月30日までに下記までご連絡下さい。

連絡先 八星 暁 (48回生)   s-hatibosi✿kamakura✿jcom.home.ne.jp
(✿kamakura✿を@に変更)

以上
.
【講演会の概要】
(*1) 講演内容
関東地方において最も重要な1923年の関東大震災を中心に、南海トラフ沿いでの地震、 首都圏直下地震の特徴と湘南地方への影響を紹介する。

また、予知と予測との違いや予知の難しに触れ、過去に発生した地震に対する知見や教訓を通じて、湘南の地を襲う地震や津波からの被害を軽減するためには我々はどうしたら良いのかを、皆さんとともに考える。

(*2) 講師 加藤 照之氏 (46回生)
高校在学時はバレーボール部に所属。現在は東京大学地震研究所 地球計測系研究部門 主任教授として 測地学・地殻変動論が専門に活躍。
2012~2015年 日本地震学会理事(会長)を歴任

2017.05.01

鎌倉・逗葉支部の総会兼拡大役員会 開催のご案内

湘友会鎌倉・逗葉支部の総会兼拡大役員会を下記の要領で開催しますのでご案内申し上げます。支部活動を知る良い機会ですので、会場の都合上席に限りがありますが、ご興味のある会員の皆様のご出席をお待ち申し上げます。

  1. 日時: 平成29年5月27日(土) 10 ~ 12時
  2. 場所: 鎌倉生涯学習センタ- 第5集会室
  3. 議事進行
    1. 拡大役員会
      1. 今年度の活動方針 (支部長)
      2. 昨年度「秋の集い」の会計報告
      3. 役員、及び幹事の改訂
      4. 本年度「秋の集い」
    2. 総会
      • 決議事項はありません。
      • 拡大役員会の議事と同様の報告事項。

ご不明な点、ご質問があれば、池田成昭 (イケダ シゲアキ) までお問い合わせ下さい。
.

池田 成昭 (全46回生)

2016.09.22

鎌倉・逗葉支部 ”秋の集い”のご案内

湘友会鎌倉・逗葉支部会員 各位

湘友会鎌倉・逗葉支部 支部長 鈴木 宗夫(32回生)

『鎌倉・逗葉支部と改称
     装い新たに初の交流の場、秋の集い開催のご案内』

従来の鎌倉支部でも逗子市と葉山町の方々が会員として所属されていましたが、今年より支部名を鎌倉・逗葉支部と改称して活動を開始しました。

その記念として、本会の目的である会員相互の親睦、特に同期の横の繋がりだけでなく、年次の違う縦の交流を促進するような場を設けることとし、下記の通り葉山町にて秋の集いを開催することに致しました。

今年は総会と言う形態を採らずに、原田靖男氏 (27回生、逗子市在住、夏の甲子園全国優勝メンバー) による全国優勝と東京六大学野球秘話の語りや葉山御前太鼓保存会による演奏を予定しています。更に「葉山名店食べ尽くし」と銘打った美味しい料理 (例えば魚佐の刺身、日影茶屋の煮物、海狼の飲茶、プレドールのサンドイッチ、旭屋のコロッケ等) と飲み物も豊富に用意し、手作り感溢れる交流の場を準備して皆様のご出席をお待ちしております。

会員の親睦に重点を置く初めての集いとなりますので、逗子市及び葉山町の会員を始めとして是非多くの会員の皆様にご出席して戴きたく、ご案内申し上げます。

1. 日時: 平成28年10月22日(土) 12:00~15:00 (受付開始 12:00、開会 12:30)
2. 会場: 葉山町福祉文化会館 三浦郡葉山町堀内2220 TEL 0468-76-1871
3. 会費: 5,000円
4. 内容: (1) 開会挨拶 (2) 来賓ご挨拶 (3) イベント ・原田靖男氏の語り ・葉山御前太鼓 (4) 校歌斉唱
5. その他: (1) 会場へのアクセス → 案内地図 (駐車場:36台分の用意あり)
(2) 出欠の連絡
会場準備の都合上、出席される方は9月30日までに下記までご連絡下さい
連絡先 池田成昭 TEL&FAX 0467△22△6544  メール s.ikeda5208★gmail.com    (★を@に変えてください)

以上

2015.08.12

鎌倉支部長よりのお願い

鎌倉支部(含む 逗子・葉山)会員の皆さんへ

支部長 鈴木 宗夫(32回)

支部長からのお願い

5年ぶりの湘友会鎌倉支部 (含む 逗子・葉山) の総会 [総会のご案内] が、後2ヵ月余りに近づいて参りました。
総会にかける思いの一端をここにお伝えさせて戴きます。
我々は、「湘南高校の卒業だ」と聞くと何となく親しみと安心感を覚え、初対面の時からスムーズな人間関係に入っていける気がします。この気持は、同期生の中では歳と共に強くなり、私の32回生では、年一回の学年同窓会の他に、ゴルフ会や飲み会等で盛り上がっています。このように各学年のヨコの結び付きは強いと思うのですが、タテの関係は意外に弱い気がします。支部そのものの存在も余り知られていません。そこで、今度の総会では支部の地域性を改めて認識して、先輩、後輩が一同に集い、タテの繋がりの中で新しい触れ合いを楽しんで戴けるような場を提供したいと切望しています。
若年層や女性層の掘り起こしも大きな課題です。美味しい料理とお酒もタップリ用意しています。皆さん、お誘い合わせの上、参加戴きますよう重ねてお願い申し上げます。

2015.07.05

鎌倉支部(含む、逗子市、葉山町)総会開催のご案内

鎌倉支部は、鎌倉市・逗子市・葉山町に在住されている卒業生、或いは在学時に在住されていた卒業生、及び関係者、また、当該地区に勤務されている卒業生を会員としています。
鎌倉支部では、本年から新役員の下、本会の目的である会員相互の親睦と母校の応援を目的とした活動の一環として、下記のように支部総会を開催することに致しました。是非多くの会員の皆様にご出席して戴きたく、ご案内申し上げます。

1. 日時: 平成27年10月31日(土) 13:00~16:30
…………(受付開始 13:00、開宴 13:30)
2. 会場: 鎌倉パークホテル 住所:鎌倉市坂之下33-6
…………TEL:0467-25-5121
3. 会費: 7,000円
4. 予定
……….受付 13:00~
……….支部長挨拶 13:30
……….支部活動報告
……….来賓挨拶(湘友会会長、校長先生、その他)
……….講演 13:45から14:45
……….懇親会(立食パーティー)14:45から16:30
※ 講演に関して
講師:藤原 美子氏 (48回生)
演題:「物書きの家に嫁いで」
講師紹介:
湘南高校48回生。旧姓田丸。ご両親のアメリカ留学中に米国プリンストンで生まれる。お茶の水女子大学修士課程修了。発達心理学専攻。ハリウッド大学院大学教授、筑波大学附属視覚特別支援学校講師。エッセイスト、翻訳家。著書に『我が家の流儀』『家族の流儀』(共に集英社文庫)『夫の悪夢』(文春文庫)など。

また、2年前の2013年に発行された湘友会報55号のインタビュー記事「人・生き生き」欄で、横浜国立大学学芸学部附属鎌倉小・中学校から湘南高校での思い出や大学進学、ご夫君藤原正彦氏との出会いと結婚。義父母となられた新田次郎藤原てい夫妻との交流と思い出、そして新田次郎氏の小説を映画化した「劔岳-点の記」に、ご自身は俳優別所広司氏が演じる主人公の妻役として、また3人の息子さんもエキストラとして出演したときのエピソード等をご披露していただき、たいへん面白く読まれた会員も多いのではないかと思います。今回の講演でも興味深いお話しを拝聴できるものと期待しています。

なお、義父母の新田次郎藤原ていご夫妻は共に作家として誠に著名ですし、ご夫君の藤原正彦氏は、長年に亘ってお茶の水女子大学理学部教授を勤められるかたわら、留学記の『若き数学者のアメリカ』で日本エッセイスト・クラブ賞を受賞されるなど文筆家としても活躍されており、2005年に刊行された『国家の品格』(新潮新書) は、同年のベストセラーになりました。
今回のご講演の演題は、この辺の事情に由来するようです。

5. その他
(1) 会場へのアクセス
(徒歩の場合)
江ノ電・長谷駅から海際の国道134号線沿いに稲村ヶ崎方面へ向かって徒歩約15分
(マイクロ・バスご利用の場合)
・当日は 鎌倉駅→会場へマイクロバス(25人乗り)を 2台ずつ 2便運行する予定ですので、ご利用下さい。(発車時刻はご出席の方にご連絡します)

6. 出欠の連絡
・ 会場準備の都合上、事前に出席者概数を把握する必要がありますので、大変恐縮ですが、現時点での出欠のご意向を下記までご連絡下さい。
連絡先 志賀野 勝 E-mail: typhoon502★gmail.com (★を@に変更)

以上

次へ »