Home > 0.お知らせ

2017.10.20

湘南高校100年ロゴマーク・スローガン審査委員決定

審査委員は次の10名の方にお願いしました。
審査は来年1月の予定です。

  (敬称略、卒業年度順)
  審査委員長 近藤 誠一 (39回生) 元文化庁長官
  審査委員 飯田 裕三 (42回生) 元電通アートディレクター
  審査委員 恵良 隆二 (44回生) 都市計画プランナー
  審査委員 松本 千鶴 (45回生) 画家
  審査委員 高橋 重樹 (55回生) アートディレクター
  審査委員 福井 健策 (59回生) 弁護士
  審査委員 福里 真一 (62回生) CMプランナー
  審査委員 大島 新 (63回生) 映像作家
  審査委員 稲垣 一郎 (湘南高等学校 校長)
  審査委員 内藤 優香里 (湘南高等学校 美術教諭)

2017.10.18

100周年ロゴマーク・スローガン募集

.

2021年、湘南高校は100周年を迎えます。

「100周年ロゴマーク・スローガン募集中! 11月30日締め切り」
(さらに…)

2017.10.07

第60回 湘友会セミナーのご案内

  • 日時: 2017年12月 2日(土) 13:30 ~ 15:30
  • 場所: 湘南高校 歴史館 スタジオ
  • テーマ: サファリ (旅) と俳句 (1964年の東京オリンピックに触発されて…)
  • 講師:  内藤 洋治 氏 (36回生) 俳号:霧野 萬地郎
  • 対象: 湘南高校 卒業生、在校生、教職員
  • 参加費: 無料
  • 事前申込: 不要

.

.
【講演内容】
1964年の東京オリンピックではバイトで、次いで行われたパラリンピックではボランティアで、選手村に選手・役員輸送の運転手として出入りし、そこで世界の多様性を目の当たりにしました。

海外勤務地はタンザニアで 5年間、その後の米国で13年間、その間の出張も含めて、仕事場は概ね海外でした。退職後も旅を楽しんでいます。サファリはスワヒリ語で「」を意味します。

旅の印象を17音で表現して俳句を楽しむ。また、それを推敲することで、印象が深まる。直接、肌で感じた事をどれだけ表現できるかを真面目にやってきました。

芭蕉は旅を通じて、その土地がそれぞれに持つ多様性を五感で体験しました。今では地球規模でその体験ができます。俳句はサファリ(旅)を楽しむツールです。

幾つかのサファリ(旅)を俳句と写真で紹介します。その土地、その時の空気を感じ取って頂けたらと思います。

タンザニア、ラオス、ギアナ高地、ボルネオ島、エルサレム、パレスチナ、ペトラ遺跡 等

.
【略歴・句歴】
1964年 慶応大学工学部在学中に東京オリンピック、パラリンピックの選手村で運転手
1971年 松下電器(現 Panasonic):ウガンダにてラジオ工場の技術指導
1972~77年 タンザニア勤務:ラジオ工場の立ち上げと運営
1978~92年 米国勤務:音響機器とセルラー電話など情報通信機器の営業
2001年~ Panasonic社を退職。以降、年に 2回の海外自由旅行
2002年 句集『サファリ』を上梓(海外詠のみ399句)
2011年~俳句誌『波』編集部長 現代俳句協会会員
.
【講師HP】
霧野 萬地郎さんのホームページ

2017.09.24

38回生同期会のご案内

日時: 2017年11月25日 (土)
    午後2:00~5:00
会場: ミナパーク6階 ☎0466-27-8888
   (JR藤沢駅北口徒歩5分)
会費: 4,000円

皆様のご参加をお待ちしています。

38回同期会 代表幹事 村松康充

2017.09.13

湘南高校歴史館・湘友会事務所臨時休業のお知らせ

① 9月19日(火)     (19日(火)に変更)
 体育祭当日、湘南高校歴史館は臨時休館となります。
湘友会事務所は平常どおり業務を行います。

② 9月30日(土)
湘友会事務所は、青春かながわ校歌祭参加のため、臨時休業となります。
 湘南高校歴史館は、学校説明会の開催に合わせ、10:00~13:30開館します。

どうぞよろしくお願いします。

湘友会事務局長  飯野光吉
歴史館運営委員長 石渡哲男

次へ »