2018.01.24

公募のロゴマーク&スローガン審査始まる

昨年の湘友会報、総会等で広く皆さまにご応募をお願いしました湘南高校100周年ロゴマーク&スローガンの審査会が、1月21日(日) 歴史館で行われました。

13時30分、上野湘友会会長から審査委員へのご挨拶があり、審査委員自己紹介、そして審査開始。応募作品は計106点。内訳はスローガン60点、ロゴマーク46点。

一次審査は審査委員お一人ロゴマーク、スローガンそれぞれ5つのチップを持ち、作品を審査投票、静かな中に緊張感が拡がる。

30分の休憩をはさんで2次審査、2票以上投票のあったものを中心に、湘南高校らしいユニークで、しかも幅広い年代の会員、在校生にアピールするロゴマーク・スローガンを目指して、議論。

さすが各分野のエキスパート、初対面にもかかわらず、熱い意見が交わされ、17時なんとか最終5案に絞り込まれました。

今後は審査委員からご指摘のあった点を修正、最終審査の上、3案を決定、湘友会会員の皆様からご意見をいただく予定です。ご期待ください。

〇出席者
審査委員長・近藤 誠一(39回生) 元文化庁長官/審査委員・飯田 裕三(42回生) 元電通アートディレクター/恵良 隆二(44回生) 都市計画プランナー/松本千鶴(45回生) 画家 /高橋 重樹(55回生) アートディレクター/ 福井 健策(59回生) 弁護士/福里 真一(62回生) CMプランナー/大島 新(63回生) 映像作家 (敬称略、卒業年度順) /稲垣 一郎 湘南高等学校校長
なお内藤 優香里 湘南高等学校美術教諭はご都合で欠席されましたが、稲垣校長より説明していただけるとのことでした。
湘友会:上野会長、飯野湘友会事務局長、大宅100周年実行委員会副委員長、100祭!プロジェクト馬場リーダー、入江委員、白鳥委員、武藤委員、河西

文責:河西 純一 (全42回生)