2018.02.08

第64回湘友会セミナーのご案内

  • 日時: 2018年 4月21日(土) 14:00 ~ 16:00
  • 場所: 湘南高校 歴史館 スタジオ
  • テーマ: グローバルな視点とソーシャル・ビジネス ~アフリカにおける乳幼児栄養改善プロジェクトに参加して~
  • 講師:  取出 恭彦 氏 (50回生)
  • 対象: 湘南高校 卒業生、在校生、教職員
  • 参加費: 無料
  • 事前申込: 不要


.
【概要】
皆さんは、「ガーナ」という国名を聞いて、何を連想しますか? アフリカの地図の中でこの場所だと指で指し示すことができますか ? チョコレートの名前にもなっているぐらいだからカカオが取れる・・・・? もしかしたら野口英世の名前を思い出す方もいるかもしれません。

もう一つ質問をさせてください。「ソーシャルビジネス」という言葉をご存知ですか?

ソーシャルビジネスとは、百科事典によると、 自然環境、貧困、高齢化社会、子育て支援などといった様々な社会的課題を市場としてとらえ持続可能な経済活動を通して問題解決に取り組む事業のことと定義されています。

私は、2009年より、味の素という会社が取り組むソーシャルビジネスという形で、アフリカ・ガーナでの乳幼児の栄養改善のプロジェクトに取り組んでいます。

今回のセミナーでは、アフリカでの栄養改善というプロジェクトそのものだけではなく、世界中のいろいろな国での仕事を通して自分が理解した「世界」および「ソーシャルビジネス」についてお伝えしたいと考えています。

私がこのようなビジネスに取り組む原点になっている体験は、大学生の時に、所属していた探検部というクラブが一つのきっかけになっています。今の世の中は、インターネットやバーチャル・リアリティーというITの手段を使うことにより、行ったこともない街にあたかも行ったかのような体験をすることができますが、学生時代に実際に現場に体を運んで体験することの面白さを知ったことが今の仕事に至る出発点だったように思われます。

湘南高校のOB会 (湘友会) では、現役の高校生の皆さんに広い世界を体験してもらうきっかけづくりをしていますが、今回のセミナーは、海外で仕事をすることに興味を持っている高校生の方にも是非参加していただきたいと考えています。
.
【講師紹介】
取出恭彦 氏: 1956年生まれ (50回生)
1975年 東京大学入学。大学時代は、探検部に所属。マーシャル諸島に遠征。
味の素に入社後 研究所勤務から希望して海外の仕事に異動。
1986年~1992年タイ・バンコク
2005年~2009年フランス・パリ など
☞ 訪問した国は、約60。
2009年~ アフリカのプロジェクトを担当。
☞ 社会人になってから英語ディベートを学ぶ。
理屈っぽいフランス人との議論に応用し、役に立った。
現在も社会人ディベート連盟の勉強会に参加している。