第89回湘友会セミナーのご案内 「海洋プラスチックごみの現状 ~わたしたちにできること~

  • 日時: 2020年 5月16日(土) 14時~16時
  • 場所: 湘南高校 歴史館 スタジオ
  • テーマ: 海洋プラスチックごみの現状 ~わたしたちにできること~
  • 講師: 松浦 治美氏 (旧姓:渡辺) 氏 (51回生)
  • 対象: 湘南高校 卒業生、在校生、教職員
  • 参加費: 無料
  • 事前申込: 不要

【内容概要】
一昨年8月に鎌倉市由比ガ浜に打ち上げられたシロナガスクジラの赤ちゃんの胃の中からプラスチック片が発見され、大きな話題になりました。こうしたプラス
チックごみによる海洋汚染は地球規模での深刻な問題となってきており、海洋生物
だけでなく、人体への影響も懸念されています。
かながわの自然海岸におけるプラスチックごみの現状と、神奈川県で海岸美化に
取り組む「公益財団法人かながわ海岸美化財団」の活動を紹介し、海洋プラスチッ
クごみ問題の解決に向けて、わたしたちに何ができるのかについて、一緒に考えて
みたいと思います。

【講師プロフィール】
昭和48年3月 藤沢市立鵠沼中学校卒業
昭和51年3月 湘南高校卒業(31組、フェンシング部OG)
昭和56年3月 慶應義塾大学経済学部卒業
昭和56年4月 神奈川県庁入庁
平成 7年3月 東京大学大学院法学政治学研究科修了
平成30年3月 神奈川県庁退職
県庁生活の後半16年間は、環境・エネルギー関連の仕事に携る
平成30年6月 公益財団法人かながわ海岸美化財団代表理事に就任
現在に至る


由比ガ浜に打ち上げられたシロナガスクジラと胃の中から出てきたプラスチック片


海岸に漂着した大量のプラスチックごみ