2017.12.08

湘友会関西支部 平成29年総会 報告

湘友会関西支部 平成29年総会 (29.11.26) 報告 (支部情報33号)

湘友会関西支部平成29年総会の様子を伊丹散策と合わせ支部情報33号としてお届けします。

1. 湘友会関西支部 平成29年総会
今年の支部総会は、鈴木さんのご手配で 5年ぶりの 美々卯本町店 での開催となりました。

所定の17時を少し回って以下の21名が集まり開催されました。なお、昨年 帆足、本年 小泉、黒田勉、平河が亡くなられた旨報告がありご冥福をお祈りしました。

参加者 (敬称略): 中元ご夫妻、一花ご夫妻、広田、清水ご夫妻、大下、井関、青山、椿、長谷部、福島支部長、砂川、添田、辻村、公文ご夫妻、斉藤、特別参加 武藤、井澤

福島支部長ご挨拶 会員皆様への感謝の言葉と来年も例会を 4回続けられるよう協力方要請がありました。

最長老93歳の中元様の乾杯のご発声で懇親会は始まりました。

 そして、大阪マラソンに参加の足で特別参加して頂いた 武藤様から
 「大阪マラソンは2回目で今回も完走できホッとしている。湘友会HPで支部総会の開催を知り、小6まで大阪育ちでもあり、国内支部で一番投稿数が多い関西支部に参加できてうれしい」とのご挨拶を頂きました。

しばらく歓談したのち恒例の「近況報告」をテーブル順に行いました。(敬称略)

  • 大下(所用で早退するので)源氏物語を教えて9年、やっと半分に達したが今でも出席率は良好。この会のバス旅行や湘南同期の関西地区ツアーのボランティアで多忙。
  • 清水: 二つの病院に週 4日診察、後継者つくりに失敗し老骨に響いている。最近は中国からの患者さんも多い。
  • 清水夫人: 膝は曲がりにくいが何とか歩けるように。マンションに転居したが23階で風が強く大変。
  • 一花: 年相応に物忘れがひどいが、外国人に日本語を教えておりベトナム女性の発音が「ツ」が「チュ」になるのを治すのに大変苦労したが、成功した。
  • 一花夫人: 自分の同窓会が無くなり ここに出るのが楽しみ、歩行困難で散策は無理だが。声帯を痛めておしゃべり禁止が出たが、元気の素と続けている。
  • 中元: 新幹線の中で青森の修学旅行中の先生が急病、医者を求められ出て行き、七転八倒しているので これは死ぬ心配なしと判断、次の駅で病院に行かせた。「石」が悪さしての病。後日、無事と連絡あり リンゴを送ってくれた。
  • 中元夫人: 子供のころ はしかにかかって以来89歳まで病気せず、嬉しい限りです。
  • 長谷部: 今年 百名山の踏破を成し遂げた。 一方パラグライダーで制御不能となったが 何とか上昇 あぶなかったが助かり、3日後にイタリア旅行に行った。
  • 武藤: 関西弁が飛び交うと思っていたが標準語でびっくり。100年祭プロジェクトで湘南グローバル奨学金の設立準備スタート、ご協力よろしく。当会への参加を若い方に働きかけていきたい。
  • 井関: 昨日同窓会に参加し本日直接ここへ。上野同窓会長から寄付への協力を要請されたのでよろしく。
  • 砂川: 今年 4回茅ケ崎に行き、そこをきれいに処分し大阪を本拠地に。もうしばらく働く予定。
  • 添田: 精華町は急発展しており、後継者を見つけて早く自由人として人生を楽しみたいと思っている。
  • 椿: ぶら下がり健康法など駆使して健康に努めている。翻訳で小遣い稼ぎのほかコーラスと目下はオランダ語の勉強に励んでいる。
  • 福島支部長: クラスが10組に増えた団塊世代、小児科医として頑張っている。伊丹は良い勉強になった。
  • 公文: 今年度で教師生活を終了、これから大いに人生を楽しみたい。
  • 公文ご主人: 伊丹高校卒なのに今日は改めて伊丹の町を勉強させられました。
  • 辻村: 夫が心筋梗塞で倒れたが、回復。ネパール旅行から帰国した直後で運が良かったとホッとしている。
  • 斉藤: 湘南同期の 5人の東大野球部員の歴史を図書館で調査(資料配布)、リーグ 5位 2回、4位 (30年ぶり) と輝かしい成果を上げている。今年は同率 5位であった。
  • 広田: 隣に座った斉藤さんの生まれた年に高校卒業。ゴルフをもう25回、そのため体を鍛えているのと読書。今はクルド族について勉強中。
  • 青山: 39年卒 野球部で一番ショート、準優勝でもう一歩で甲子園へ。私も医者なので旅先で何かあれば静かに名乗り出ることにしている。サラリーマン医だったので今は自由な生活をしている。
  • 井澤: 10月に前立腺がんの摘出手術を行い目下 体力回復中、ご心配おかけしました。

途中、中本ご夫妻が中座されるので集合写真の撮影、そして最後に今後の予定 (後述) と恒例の「校歌」を武藤様の指揮のもと合唱とエールを送り、来春の再会を約し散会しました。

2. 伊丹市内散策
午後2時、JR伊丹駅に10名が集合、大震災後の復興を重ねた市内を散策しました。

  • 国指定史跡 有岡城跡: 織田信長に謀反した 荒木村重 の居城として有名。城下町全周囲を巨大な堀と土塁で囲む総構えの城と農業灌漑を造り、長期の籠城にも耐えたのは近隣の領民の協力もあったようだが、結局裏切りから門を破られ落城。村重は再興を期してその前に城を出て、後々茶人として名を馳せる。
    鉄道敷設で城の一部は現在の伊丹駅の構内となっている。ここでは、村重が極めて立派な人物と説明する女性と出会い、大いに話が弾んだ。
  • 伊丹酒蔵通り: こぎれいな店が並んだ新しい街が出現しており びっくりしました。
  • 重要文化財 旧岡田家住宅: 江戸時代初期に建てられ、酒蔵は現存する最古のもの。この地が清酒発祥の地として江戸時代には大変発展した様子がうかがわれた。
  • 猪名野神社: 地域の守り神を参拝。台風で大木が倒れており風の強さを知らされ、阪急伊丹駅から梅田へ。

3. 今後の予定

  • 来年 3月 加古川 鈴木さんのお店「カフェ・ド・結」訪問 (鈴木さんの体調には異常がないと連絡がありました)
  • 来年 6月 毛馬の閘門 見学と懇親

2017.11.05

関西湘友会:秋の例会「竹中大工道具館見学と懇親会」


.
秋の例会「竹中大工道具館見学と懇親会 (平成29/10/01)報告」

(関西湘友会 支部情報第32号)

総選挙、台風来襲と忙しかった昨今ですが、皆さまお元気でお過ごしのこととお慶び申し上げます。表題について些か遅くなりましたが 情報32号としてお送りします。
.
1. 竹中大工道具館見学

10月1日(日) の午後2時に、神戸地下鉄「新神戸駅」改札に10名が集合、長い階段を歩いて地上に出て、多くの車が行きかう横断歩道を渡って、新幹線駅前とは思えないこんもりした森の中の「竹中大工道具館」に到着。北野の異人館通りの創業期の場所にあった「博物館」を、数年前こちらに移築・整備したもの、シルバー料金200円(通常は500円)を支払い入館。

館内は 3階建てで、大工道具の歴史、国ごとの特徴(鋸は日本では引いて切るが、欧米では押して切る)など、興味深い展示であった。石器時代の斧と鉄器時代の斧の比較も面白かったが、太い材木の断面で木目を説明する展示物の前では「一体これはどうして作ったか?」の議論に花が咲いたりした。

時間が余ったので三宮まで歩いて到着、懇親会場の大阪に向かった。
.
2. 懇親会(ホテルグランヴィア大阪 19階「アブ」)

17時30分「アブ」の個室に、些か少ない次の13名(敬称略)が集まりました。── 高木、大野、石川、宇多小路、清水、平岡、大下、井関、長谷部、福島、砂川、添田、井澤

高木先輩の乾杯で開会、福島支部長のご挨拶の後、二つのテーブルでそれぞれ話題が進みましたが、年相応か病気がらみの話題が多かったようです。

次回は、支部総会に当たり鈴木さんのご手配で久しぶりに「美々卯」での開催を11月26日の日曜日と決め、散会しました。
.

.
3. 次回予定

支部総会: 11月26日(日曜日) 17時より 美々卯 本町店
散策を含め、別途ご案内します。

(以上)

文責 連絡幹事 井澤 勝

2017.07.02

湘友会関西支部: 阪大ロボット見学と懇親会

湘友会関西支部6月の行事【平成29年6月24日(土)】 阪大ロボット見学と懇親会 報告 (情報31号)
.

1. 見学会: 大阪大学総合学術博物館待兼山修学館

   阪急石橋駅に14時30分、10名 (一花夫人、大野、石川、椿、長谷部、砂川、辻村、公文、斎藤、井澤) が集合して阪大に向かいました。先導の井澤が学生風の集団につられて道を間違え、かなり遠回りして博物館に着きました、なお、ここは無料でした。

この博物館は、大学の社会貢献の一環として地域社会と大学の連携、いわゆる「社学連携」の主要な一つとして機能すべく作られたもので、1階にはオープンテラスのあるカフェ「坂」が市民との交流の場としてあり、これは大学博物館では初めての試みのようです。

企画展として「ロボットの世界」を目的に来たのですが、3階会場の入口で我々を迎えてくれたのがダ・ビンチのアンドロイドで、瞬きするなどその精巧さに驚きました、ロボットももうここまで来たかと感心しました。
会場では、54回生の大阪大学(豊中キャンパス)大学院理学研究科数学専攻・理学部数学科教授 藤原彰夫先生にお会い出来ました。先生は会員登録されておりますが多忙で参加されたことはありませんが、メールの情報からこの行事をみて訪ねて来て下さいました。

先生には久し振りに同窓の皆様に会って喜んで頂きましたが、合わせて大学研究者の時間的・金銭的な窮状についてのお話には一同考えされました。特に、国立大学予算の半分以上が東京大学と京都大学に持って行かれて、大阪大学にはなかなか届かないとの具体的な事例にはうなずく他ありませんでした。
一番若手48回生の斎藤さんから「当会の若返りのためにも、是非時間を見て湘友会に参加するよう」勧めて貰い再会を約して、藤原教授はお忙しいお仕事に戻られました、土曜日なのにお忙しいのですね。

もう一つの「ワニの化石」展示場を見学しました。1964年5月、豊中キャンパスから出土したマチカネワニの化石の復元骨格は、日本で初めてのワニ類の化石で、47万年前に怪我をしながら動き回っていたことがはっきり分かるなど極めて珍しい化石とのことでした。

その後は、カフェに行く人、他の展示を見学する人に分かれ、16時30分に集合して今度は真っすぐ石橋駅に、そして懇親会に向かいました。
.

2. 懇親会:ホテルグランヴィア (アブ)  17時30分より  15名

昨年の総会を行った「アブ」で、新たに 5名(高木、大下、添田、公文ご主人、少し遅れて福島支部長)が加わり、懇親会は開催されました。

大先輩の中元さんは膝が不自由となり遠路は無理で残念ながら欠席との連絡と、初めは10名しか参加がなく個室の確保が危なかったが15名に増え感謝の報告が幹事からあり、高木さんの乾杯で開会しました。

今回はご主人欠席にもかかわらずロボットに引かれて一花夫人がお一人で参加頂き、何時もよりは羽を伸ばして楽しい時間を過ごされたように思えました、有難うございました。

石川さんの曾孫自慢、高木さんの俳句のご披露や椿さんのダイエット成功談義、添田さんの海外協力隊への参加希望などの近況報告で、またたく間に2時間が過ぎ校歌を歌い、記念撮影をして散会しました。
.

3. 次回以降の予定

・次回は10月 1日(日) 伊丹市内散策と懇親会: この処阪急沿線の近いところ (池田、石橋) ばかりですが、これは座って行ける所と考えてのこと。その内かつてのように奈良や京都も如何でしょうか、若い人が来て頂ければ。 (大下)

・総会: 11月26日(日) 鈴木さんにお世話になって美々卯で懇親会を企画しています。

次回以降については、改めてご案内致しますが是非予定に入れておいて頂きたいと思います。

(文責 連絡幹事  井澤 勝)

2017.05.31

平成29年 春の例会「加古川 かふぇ・ど・結」懇親会 (H29.4.2)

(湘友会関西支部情報第30号)

本年の桜は残念ながらまだ蕾の中、春の例会は、加古川の鈴木さんのお店「かふぇ・ど・結」に総勢20名が集い、4回目の開催となりました。

駅集合の皆さんは加古川駅発12時15分の都台行きバスで約20分「小畑口」下車、10分ぐらい歩いて「かふぇ・ど・結」に到着。人身事故で遅れた福島さんはタクシーで、桑原さんは10kmを自転車に乗って既に到着しておりました。今回も体調不良の方が多く、また直前になって他用の入った方が多く少人数になりましたが、賑やかな会となりました。

1. 参加者 (敬称略)
一花ご夫妻、お友達 多方ご夫妻、高木、平岡、清水、鈴木ご夫妻、大下、お友達前田、井関、長谷部、福島支部長、砂川、辻村、松元、斎藤、桑原、井澤  以上20名

2. 懇親会
1時前から福島支部長のご挨拶の後、一花さんの我が校歌について「地元に住んでいた北原白秋の元の詩は『富士は白く』で、山田耕筰は雪のない頃にこの地に来たのでしょう『富士は高く』と直したが、リズム的にもこの方が良いと判断したようだ」とのお話があり、乾杯で会は始まりました。

そして先ずは、鈴木さんに近況を伺いました。最近は帰りに「ご馳走様でした、美味しかった」と美味しかった、を付け加えるお客様が半分以上いる様になった、と この 3年間を振り返っておりました。

今回も何時ものように鈴木さんの「ふぐ料理」と奥様そして妹さん一家の心温まるおもてなしで、美味しい御料理を満喫しました、ご馳走様!美味しかったです。

井関さんが、交野市の市民活動として山田錦の田植えから稲刈りまでの米造りのお話しを頂き、合わせてそのお米で造った「生酒」を皆さんに振舞われました。

その後、テーブル順に近況報告が続きましたが、その間 ふぐ雑炊 デザートと進みあっという間に 3時半も過ぎ、薫り高いコーヒーを頂き最後に校歌を斉唱して、5時のバスで帰路に着きました。

今回は花見はまだ早いとのことで省略し、全員が評判のお庭に出て集合写真を撮りました。

次回については、6月24日の土曜日に「阪大博物館 (石橋駅) ロボット見学」と懇親会とし、懇親会は昨年の総会を実施したJR大阪駅の「ホテルグランヴィア大阪アブ』」にて17時30分より開催することとしました、改めてご案内します。

(文責 連絡幹事 井澤 勝)

2017.03.02

平成28年 関西支部総会と池田散策

平成28年(2016年) 関西支部総会 (於:ホテルグランヴィア「アブ」) と池田散策 (2016/11/27) 情報29号
.
昨年の支部総会の様子を関西支部情報第29号としてお届けします。なお、総会前に池田市内の小林一三氏の記念館池田城址などの散策を 7名で雨の中実施しました。

  1.   総会参加者(敬称略) 25名:  中元ご夫妻・高木・一花ご夫妻・大野・石川・広田・清水ご夫妻・平岡・鈴木・大下・井関・青山・長谷部・福島・砂川・添田・辻村・公文ご夫妻・斎藤・井澤
  2.  総会の様子

会場は、JR大阪駅直ぐのホテルグランヴィア19階のレストラン「アブ」で開催
しました。
福島支部長から一年間に対するお礼と、大学生を含めた若い方々との接触を行い今後交流が出来るよう努めることなどについて抱負を語られました。次いで、散策組最長老の高木様の乾杯のご発声で会が始まり、暫く歓談を続けました、歓談の後近況などの報告を、卒業年次順に全員のコメントを幹事の独断で以下に纏めてみました

  • 中元様:石川のり子さんに会うと蟹江先生を思い出す、先生は琵琶の名手でした。
  • 中元夫人:87歳ですが92歳の夫と仲良くやっております。
  • 高木様:俳句を詠んでいます、「聞かまほし 敦盛の笛 紅葉背に」 (敦盛塚にて) をご披露されました。
  • 一花様:白髪になってしまったが、女性にもてる様になり良い事もある。
  • 一花夫人:今更髪の毛があるかないかなど話題にしていることが疑問です。
  • 大野様:今年は 4回の例会とも参加した。80歳となっても楽しくやっている。
  • 石川様:フラダンス・太極拳に力を入れている。曾孫が生まれ本当に一番可愛らしい!
  • 広田様:7月に80歳になった。目下は腰痛対策で苦慮している。
  • 清水様:久し振り、今日は大学の同級会のゴルフと重なったが、昨日皆と会えたのでこの会を優先し参加。
  • 清水夫人:昨年10月膝関節の手術、その後骨折で 3ケ月入院。その間何も出来ない夫は鍛えられたようです。
  • 平岡様:相模原の事件以来、防犯協会でその相談が多く多忙、これから安全にはお金がかかる時代が来る。
  • 鈴木様:湘友会の皆様も加古川のお店に度々来て頂いて感謝している、家内も何とか元気に頑張っている。
  • 大下様:湘南同窓会の旅行幹事で多忙、私の入院に主人ががっくり来て支え合いが大事と痛感している。
  • 井関様:湘友会 上野会長誕生で同期会に参加、会の活性化に努めるよう要請されている。
  • 青山様:ぶら下がりを始めた。ローラーで体を伸ばす事、階段を上がるなど健康に留意。
  • 椿様:健康保持のためぶら下がりを始めたり、階段上がりなどの努力している。
  • 長谷部様:信濃はもう雪、こちらは暖かいのでびっくり。いよいよこれから雪で忙しくなる。
  • 福島様:最近の子供は体力的に弱くなっており心配。元気が第一なので十分健康に留意して下さい。
  • 砂川様:幹事であるが大下先輩を見るともっと湘友会のお世話をせねばと、思っています。
  • 添田様:同期会に参加、30名が集合。竹下先生も元気に参加されていた。
  • 辻村様:同期会で東芝の社長さんにお会いしたが、随分やつれていた。私は旅行を楽しんでいる。
  • 公文様:竹下先生に教わりに行っていたことを思い出しました。
  • 公文ご主人:漫才麒麟の田村君来訪。我が家はお笑い芸人のお陰で名前が上がっている。
  • 斎藤様:支部会員 3人での忘年会が 3年続いている。石川先生のクラスの同窓会に参加して来た。
  • 井澤:昨年は病気で欠席、ご心配かけましたが完全に復活、感謝しています。

近況報告の後、次回は来春 4月 2日に加古川の鈴木さんのお店「かふぇ・ど・結」で再会することとし、校歌を歌い、記念写真を撮った上で散会しました。今回の写真は斎藤様のものを使わせて頂きました。

以上 文責 連絡幹事 井澤 勝

次へ »