Home > 0.行事開催案内

2017.07.30

湘友会藤沢支部「夏のつどい」のご案内

今年も湘友会藤沢支部主催、恒例の夏のつどいを開催致します。
この集いは世代を問わない湘南高校卒業生の年に一度の交流、懇親の場です。
隔月に有志幹事が集まり、テーマや運営方法など協議を重ねて通例 8月終盤の土曜日に開催しております。
今年は64回生 生田流 箏曲演奏家 高畠一郎氏に日本を代表する伝統音楽のお話を聞きながら、箏の素晴らしい音色をお楽しみ頂きます。

   日時: 平成29年8月26日(土) 16:30開演 (16:00開場)
   場所: 藤沢商工会館 ミナパーク 6階
   会費: 6,000円

一人でも多くの方々に夏の終わりのひと時を楽しんで頂きたいと思います。

湘友会藤沢支部 支部長 石原裕

.
この湘友会ウェブサイトをご覧になってのご参加のご意向は石原宛てメール

ishi-hmmcy✡fujisawa✡cotton.ocn.ne.jp (✡fujisawa✡を@に変更)

を頂ければ出席者登録致します。

2017.07.08

2017 湘友会 小倉副会長来タイ

去る5月25日、湘友会の小倉副会長が来タイされました。

小倉副会長からお声掛け頂きバンコク市内のタイ料理店「ワナカーム」で会食の機会を設定、湘友会の話をお聞きする貴重な機会となりました。

ショートノーティスであったことから今回の参加者は天野氏(54回生)、上薗氏(56回生)、小生(63回生)の3名、こじんまりとした会となりました。

小倉副会長は「湘南高校創立100周年を迎えるにあたりOBである我々が母校に対して何ができるのか」熱く話をされ、実際に海外に駐在している我々として何ができるかを意見交換しました。

湘南高校の卒業生は国内外で幅広く活躍しておりますが、在校生にも頑張ってもらい湘南高校の名前を更に世に広めて頂きたいと思います。そのためには我々はどこにいても支援を惜しまないことを共通認識としました。

会食の最後には恒例の校歌を斉唱、記念撮影を行いました。

バンコク湘友会では、会を活性化すべくメンバーを募集しております。お知り合いの方で湘南高校の卒業生がバンコクにいらっしゃるようでしたら、是非ご一報いただきたく宜しくお願いします。

連絡先:sawafuji30✡bangkok✡hotmail.com (✡bangkok✡を@に変更)
文責:澤藤(63回生)

2017.07.02

湘友会関西支部: 阪大ロボット見学と懇親会

湘友会関西支部6月の行事【平成29年6月24日(土)】 阪大ロボット見学と懇親会 報告 (情報31号)
.

1. 見学会: 大阪大学総合学術博物館待兼山修学館

   阪急石橋駅に14時30分、10名 (一花夫人、大野、石川、椿、長谷部、砂川、辻村、公文、斎藤、井澤) が集合して阪大に向かいました。先導の井澤が学生風の集団につられて道を間違え、かなり遠回りして博物館に着きました、なお、ここは無料でした。

この博物館は、大学の社会貢献の一環として地域社会と大学の連携、いわゆる「社学連携」の主要な一つとして機能すべく作られたもので、1階にはオープンテラスのあるカフェ「坂」が市民との交流の場としてあり、これは大学博物館では初めての試みのようです。

企画展として「ロボットの世界」を目的に来たのですが、3階会場の入口で我々を迎えてくれたのがダ・ビンチのアンドロイドで、瞬きするなどその精巧さに驚きました、ロボットももうここまで来たかと感心しました。
会場では、54回生の大阪大学(豊中キャンパス)大学院理学研究科数学専攻・理学部数学科教授 藤原彰夫先生にお会い出来ました。先生は会員登録されておりますが多忙で参加されたことはありませんが、メールの情報からこの行事をみて訪ねて来て下さいました。

先生には久し振りに同窓の皆様に会って喜んで頂きましたが、合わせて大学研究者の時間的・金銭的な窮状についてのお話には一同考えされました。特に、国立大学予算の半分以上が東京大学と京都大学に持って行かれて、大阪大学にはなかなか届かないとの具体的な事例にはうなずく他ありませんでした。
一番若手48回生の斎藤さんから「当会の若返りのためにも、是非時間を見て湘友会に参加するよう」勧めて貰い再会を約して、藤原教授はお忙しいお仕事に戻られました、土曜日なのにお忙しいのですね。

もう一つの「ワニの化石」展示場を見学しました。1964年5月、豊中キャンパスから出土したマチカネワニの化石の復元骨格は、日本で初めてのワニ類の化石で、47万年前に怪我をしながら動き回っていたことがはっきり分かるなど極めて珍しい化石とのことでした。

その後は、カフェに行く人、他の展示を見学する人に分かれ、16時30分に集合して今度は真っすぐ石橋駅に、そして懇親会に向かいました。
.

2. 懇親会:ホテルグランヴィア (アブ)  17時30分より  15名

昨年の総会を行った「アブ」で、新たに 5名(高木、大下、添田、公文ご主人、少し遅れて福島支部長)が加わり、懇親会は開催されました。

大先輩の中元さんは膝が不自由となり遠路は無理で残念ながら欠席との連絡と、初めは10名しか参加がなく個室の確保が危なかったが15名に増え感謝の報告が幹事からあり、高木さんの乾杯で開会しました。

今回はご主人欠席にもかかわらずロボットに引かれて一花夫人がお一人で参加頂き、何時もよりは羽を伸ばして楽しい時間を過ごされたように思えました、有難うございました。

石川さんの曾孫自慢、高木さんの俳句のご披露や椿さんのダイエット成功談義、添田さんの海外協力隊への参加希望などの近況報告で、またたく間に2時間が過ぎ校歌を歌い、記念撮影をして散会しました。
.

3. 次回以降の予定

・次回は10月 1日(日) 伊丹市内散策と懇親会: この処阪急沿線の近いところ (池田、石橋) ばかりですが、これは座って行ける所と考えてのこと。その内かつてのように奈良や京都も如何でしょうか、若い人が来て頂ければ。 (大下)

・総会: 11月26日(日) 鈴木さんにお世話になって美々卯で懇親会を企画しています。

次回以降については、改めてご案内致しますが是非予定に入れておいて頂きたいと思います。

(文責 連絡幹事  井澤 勝)

2017.05.31

平成29年 春の例会「加古川 かふぇ・ど・結」懇親会 (H29.4.2)

(湘友会関西支部情報第30号)

本年の桜は残念ながらまだ蕾の中、春の例会は、加古川の鈴木さんのお店「かふぇ・ど・結」に総勢20名が集い、4回目の開催となりました。

駅集合の皆さんは加古川駅発12時15分の都台行きバスで約20分「小畑口」下車、10分ぐらい歩いて「かふぇ・ど・結」に到着。人身事故で遅れた福島さんはタクシーで、桑原さんは10kmを自転車に乗って既に到着しておりました。今回も体調不良の方が多く、また直前になって他用の入った方が多く少人数になりましたが、賑やかな会となりました。

1. 参加者 (敬称略)
一花ご夫妻、お友達 多方ご夫妻、高木、平岡、清水、鈴木ご夫妻、大下、お友達前田、井関、長谷部、福島支部長、砂川、辻村、松元、斎藤、桑原、井澤  以上20名

2. 懇親会
1時前から福島支部長のご挨拶の後、一花さんの我が校歌について「地元に住んでいた北原白秋の元の詩は『富士は白く』で、山田耕筰は雪のない頃にこの地に来たのでしょう『富士は高く』と直したが、リズム的にもこの方が良いと判断したようだ」とのお話があり、乾杯で会は始まりました。

そして先ずは、鈴木さんに近況を伺いました。最近は帰りに「ご馳走様でした、美味しかった」と美味しかった、を付け加えるお客様が半分以上いる様になった、と この 3年間を振り返っておりました。

今回も何時ものように鈴木さんの「ふぐ料理」と奥様そして妹さん一家の心温まるおもてなしで、美味しい御料理を満喫しました、ご馳走様!美味しかったです。

井関さんが、交野市の市民活動として山田錦の田植えから稲刈りまでの米造りのお話しを頂き、合わせてそのお米で造った「生酒」を皆さんに振舞われました。

その後、テーブル順に近況報告が続きましたが、その間 ふぐ雑炊 デザートと進みあっという間に 3時半も過ぎ、薫り高いコーヒーを頂き最後に校歌を斉唱して、5時のバスで帰路に着きました。

今回は花見はまだ早いとのことで省略し、全員が評判のお庭に出て集合写真を撮りました。

次回については、6月24日の土曜日に「阪大博物館 (石橋駅) ロボット見学」と懇親会とし、懇親会は昨年の総会を実施したJR大阪駅の「ホテルグランヴィア大阪アブ』」にて17時30分より開催することとしました、改めてご案内します。

(文責 連絡幹事 井澤 勝)

2017.05.24

ジャカルタ湘友会久々に開催!

日本支部会の活躍に刺激されたか、ジャカルタ湘友会懇親会が久しぶりにジャカルタ中心部のイタリアンレストラン、「ミスティカンザ」で開催された。

懇親会では新会長に亀谷佳津美氏 (1978年卒・バトミントン部) が選出され、新会長のもと、早速 宿敵 浦和高等学校とのゴルフ対抗戦に向けての作戦会議がなされました。

浦高戦のようなクラシックな話題に加え、極めてタイムリーな話題にもついていけるのが、われら湘南高校生! 最年少で初参加の土谷太皓氏 (2010年卒、サッカー部) は何と眞子様とICU時代に同級生。 当然ながら遠きジャカルタでのお祝い話に花が咲いた。

ジャカルタ湘友会では、体育祭・仮装、体育祭・バックボード、体育の授業・縄跳び等を肴に、おいしいお酒とお料理とともに 高校時代を一緒に振り返り、そして天下未来を楽しく語れる新メンバーのご参加をお待ちしています。

お問い合わせは、小林千絵 (62回生) まで。
 (chie.kobayashi❀jakarta❀jac-recruitment.com (❀jakarta❀ を @ に変更))
 ☏: 0817❀094❀5361 

次へ »