2017.10.11

2017年 第5回 バンコク湘友会 開催

去る10月 4日、今年 5回目のバンコク湘友会を開催しました。

会場はバンコク市内の日本料理店「水琴 (すいきん)」です。今回は上薗さん (56回生) の帰国送別会を兼ねた会となりました。

参加者は総勢7名。ディープなタイを知り尽くした椎熊会長 (37回生) をはじめ、頼れる兄貴の天野さん (54回生)、いつも笑顔の上薗さん (今回主役)、タイマダムの風格漂う櫻井さん (56回生)、話好きの加藤さん (60回生)、永久幹事の澤藤 (63回生) そしてバンコクが恋しく上海から遊びに来ていたOBの小見山さん (64回生/在中国上海) も顔を出してくださいました。卒年に関係なく気軽に参加できるのが湘友会の良いところです。

今回はいつになく人生経験豊富なメンバーが多く、幼少期の話から世界各国で経験してきたこと、驚いたこと等話題は尽きませんでした。また、主役 (上薗さん) への同期 (桜井さん) の突っ込みも印象的でした。

上薗さんは6年間バンコクに駐在されました。駐在中に起きた大洪水やクーデターにどう適応したかなど今後の駐在者の参考になる話もお伺いできました。バンコク湘友会へは毎回のように出席され、会員拡大にも貢献されるなど会には欠かせない存在の上薗さんのご帰国を惜しみつつ、会の最後は恒例の校歌斉唱で締めくくりました。

残された私たちは更にバンコク湘友会を盛り上げていきたいと思っています。
なお上薗さんはご帰国後に日本でバンコク湘友会OB部会を立ち上げて下さるとのことです。私たちも帰国後の楽しみが増えました。

   連絡先: sawafuji30ช้างhotmail.com  (ช้างを@に変換)

文責:澤藤(63回生)

.

2017.09.20

2017年 第4回 バンコク湘友会 懇親会 開催



去る 8月23日、今年 4回目のバンコク湘友会を開催しました。今回の会場はバンコク市内の日本食店「庵寺 (あじ)」です。今回は黒畑さん(78回生) の送別会を兼ねた会となりました。今回の参加者は 8名、櫻井さん(56回生。旧姓 石井) が初参加です。

地元の話、出身中学校の話は鉄板ネタですが、”実は在学中に試験で1番を取ったことがある” ”入学式の時に新入生代表の挨拶をした”等 高校時代のプチ自慢話等、話題は多岐にわたり笑いの絶えない非常に楽しい会となりました。会の最後はお決まりの校歌斉唱で締めました。

女性駐在員としてバンコクに赴任し、積極的に会に参加してくださった黒畑さんがご帰国するのは非常に寂しいですが、残されたメンバーでさらに会を盛り上げていきたいと思います。

   連絡先:Sawafuji30ช้างhotmail.com  (ช้างを@に変換)

文責:澤藤(63回生)

2017.09.15

2017年 第3回 バンコク湘友会 懇親会 開催

去る6月24日、今年3回目のバンコク湘友会を開催しました。
今回の会場はバンコク市内にある日本の洋食店「蒼月(そうげつ)」です。

今回は家族帯同のメンバーが参加しやすいように週末のランチタイムに会を設定しました。残念ながら家族での参加は1組でしたが今後もなるべくいろいろなメンバーが参加しやすいような日程の工夫をしたいと思います。

今回は初参加のメンバーの方が3名、澤藤さん(65回生。旧姓 古館)、黒川さん(74回生。旧姓 坂内)、豊田さん(80回生)でした。最年少の豊田さんと最年長の椎熊会長(37回生)とは年の差が約40歳と大変幅のある参加者の構成ながらも同窓であることから共通の話題である地元の話に花が咲きました。

会場は一軒家を改装したレストランでバンコク湘友会の他、1組の団体がパーティをしていました。その中に人力車で世界一周走破を目指している3人組が招待されており、彼らの地元が鎌倉であることから意気投合し、彼らの旅の話を聞くことができ、これもまた楽しいひと時でした。

ところで各種フリーペーパーにメンバーの募集記事を掲載したところ徐々にメンバーが増え、現在は16名になりました。より一層会を活性化すべくメンバーを募集しておりますので、もしお知り合いの方がバンコクにいらっしゃるならご紹介頂きたく宜しくお願い致します。
   連絡先:Sawafuji30ช้างhotmail.com  (ช้างを@に変換)

文責:澤藤(63回生)

2017.08.30

ニューヨーク湘友会2017年夏のBBQ親睦会

2017年8月12日、毎年恒例のNY湘友会夏のBBQ懇親会がNY湘友会代表の尾島巌先生 (39回生) のご自宅で開催されました。

今回はNY湘友会メンバーとそのご家族を合わせて総勢16名が参加(最年長は39回生、最年少は80回生)。

普段は騒々しいマンハッタンで生活している筆者にとって、毎年行われる夏の懇親会は、マンハッタンの喧騒から離れ、豊かな自然の中で時間を過ごし、幅広い世代の方々と交流を深められるとても貴重な機会。僭越ながら、偉人の言葉を借りてこの気持ちを表すならば、
   ”涼しさを 我宿にして ねまるなり”
でしょうか。そのようなことを考えながら、一人感慨にふけっている間に参加者が揃い懇親会スタート。

例年以上の種類の豪華アペタイザーに始まり、毎年尾島先生が腕をふるうサーフ&ターフ (ロブスターとサーロインステーキ) というメインディッシュ、そして締めの豪華デザートがサーブされました。

参加者各自思い思いに食事を頬張りながら和やかに談笑し、お腹が落ち着いた頃を見計らって各自からの近況報告。色々なフィールドでご活躍されているNY湘友会メンバーの方々の近況を伺いながら、今回もたくさんの刺激をいただきました (食事以外でもお腹いっぱいでした)。

余談ですが、今年は急遽参加できなくなったメンバーがいたため、ステーキのお代わりができることになり、ありがたく頂いた筆者。駐在生活 6年目になり、駐在当初に比べて胃袋がかなり成長したなと実感した一日でした。

毎年の定例行事となっている夏のBBQと新年会を通じて結束が強くなっているNY湘友会。この素晴らしい交流が途切れることなく続き、NY湘友会が益々発展するよう今後も活動を続けていければと考えています。

NY湘友会は”去る者は追わず 来る者は拒まず”のスタンスで皆さんのお越しを心よりお待ちしております。ご赴任、ご出張またはご旅行等でニューヨークにお越しになるご予定の方がおりましたらご遠慮なくご連絡ください。

田原義浩 (77回生)

2017.08.29

鎌倉・逗葉支部 2017年”秋の集い”のご案内

湘友会鎌倉・逗葉支部会員 各位

湘友会鎌倉・逗葉支部 支部長 鈴木 宗夫 (32回生)

『趣向を変えた秋の集い 開催のご案内』

一昨年は久々の総会を鎌倉パークホテルで、昨年は鎌倉・逗葉支部と改称し「葉山名店食べ尽くし」と銘打った手作り感溢れる葉山福祉文化会館での秋の集いを開催しました。

今年は、役員と幹事で知恵を絞り、講演会と懇親会の開催場所を分け、講演会は会員以外の方々にも参加を広げ、地域に即したテーマを取り上げました。ご家族やご友人をお誘いの上ご参加頂くようお願い申し上げます。

本会の目的である会員相互の親睦はもとより、少し広がりのある場となるような新たな試みとして、下記の通り秋の集いを開催することに致しましたので、ご案内申し上げます。

1.日程 平成29年11月18日(土)

2.会場・スケジュール

 1) 第一部 講演会 於 鎌倉生涯学習センターホール
   10:30~12:00 (受付開始 10:00)
 2) 第二部 懇親会 於 銀座アスター(鎌倉駅西口)
   12:30~14:30

3. 会費 5,000円 (会員以外で講演会のみの方は無料)

4. 内容

 1) 第一部 講演会 題目「湘南地方を襲う地震と津波」 (*1)
   講演者 加藤 照之氏 (46回生) (*2)
 2) 第二部 懇親会
  ① 支部長挨拶
  ② 来賓ご挨拶
  ③ 懇談
  ④ エールと校歌斉唱

❋出欠の連絡

会場準備の都合上、出席される方は9月30日までに下記までご連絡下さい。

連絡先 八星 暁 (48回生)   s-hatibosi✿kamakura✿jcom.home.ne.jp
(✿kamakura✿を@に変更)

以上
.
【講演会の概要】
(*1) 講演内容
関東地方において最も重要な1923年の関東大震災を中心に、南海トラフ沿いでの地震、 首都圏直下地震の特徴と湘南地方への影響を紹介する。

また、予知と予測との違いや予知の難しに触れ、過去に発生した地震に対する知見や教訓を通じて、湘南の地を襲う地震や津波からの被害を軽減するためには我々はどうしたら良いのかを、皆さんとともに考える。

(*2) 講師 加藤 照之氏 (46回生)
高校在学時はバレーボール部に所属。現在は東京大学地震研究所 地球計測系研究部門 主任教授として 測地学・地殻変動論が専門に活躍。
2012~2015年 日本地震学会理事(会長)を歴任

次へ »