Home > 0.☆湘南高校 歴史館☆

2017.10.19

第57回 湘友会セミナー報告

日時: 平成29年 9月 2日(土) 14:00~16:00
場所: 湘南高校 歴史館
テーマ: 私が運転免許を返納する日

講師: 赤松幹之 湘南高校49回生
所属 産業技術総合研究所自動車ヒューマンファクター研究センター首席研究員
.
 
.
講師の赤松幹之さんは、この報告書を作成した私 (50回生 坂井) の 1年先輩であり、当時 (高校時代) の物理無線部ラジコン班の 1年先輩にもあたります。 赤松さんの専門分野は、人間工学ですが、赤松さんは、その専門分野を国の研究機関である産業技術総合研究所筑波大学およびトヨタ自動車など民間の企業の中で活かされ今に至っています。
.

.
【人間工学とは】
人間工学なるものを定義すると、「ヒトの特性に適合した製品やシステムを作るための技術」となりますが、これは、人の特性を知った上で、それを使い製品やシステムを設計することになります。使う側の人間の特性を優先せずに、技術や性能を優先して設計やデザインをしてしまうと、簡単な例で言うと、カッコは良いが運転しづらい自動車のようなものが出来上がってしまいます。
.
【自動車ヒューマンファクター研究センター と 自動運転】
赤松さんが所属している組織に関して説明していただきました。アメリカ・EC各国および日本では、最近、自動車の自動運転が注目されていますが、その研究は、50年以上前から綿々と行われてきたことを改めて知りました。また、自動車のハードウェアそのものだけではなく、自動車を走らせる環境を科学的に理解する必要性や自動運転の定義とそのレベルについても説明がありました。 これらは、「ヒトにとって自動運転とはいかなるものなのか?」を考える際に重要であり、それは以下の話題へと引き継がれます。
.
【自動運転って何が出来て、何ができないの ?】
次に、自動車の自動運転とそれにかかわるヒトとの関係へと話が展開されました。説明していただいた内容は以下のとおりです。どの内容も実際に自動車を「自動で」または「半自動で」走らせるためには、正しく定義をしておかなければならない項目ばかりです。

  • 現在実用化され市販されている、部分的な自動運転機能に関する説明
  • 走りながら ヒトと自動車との間で運転機能を自在に切り替えることができるのか?
  • 完全な自動運転に頼って自動車を走らせている状況から、ヒトは自動車から運転を引き継ぐことができるのか?
  • 自動運転の自動車は、周りの環境と仲良く共存することができるのか?
  • 自動運転は、本当に楽しいのか?

.
【高齢ドライバーの増加と事故の関係について】
自動車を運転するヒトが歳をとってくると、どのような問題が起こるのか? が、次の話題です。このような内容も人間工学と自動車という関係の中で取り扱う問題となります。実際に名古屋大学により収集されたドライブレコーダーの状況が、紹介されましたが、改めて見てみると、どうしてこんなことになるのだろう? と考えさせられる内容ばかりです。しかし、どの情報も実際に発生した高齢者の事例なので、ノンフィクションの迫力がありました。

  • 見ているつもりでも見えていない という 実際のヒヤリハット事例
  • 加齢により、操作が的確にできなくなる
  • 同時に 2つのことができなくなる
  • 夜間に弱い

.
まとめ
セミナーのそれぞれの説明内容と話の進め方は、その道のプロフェッショナルを対象にした内容が下敷きになっています。従って、自動車の技術関係の仕事をしている一部のセミナー参加者にとっては、非常に内容の濃い講義となりましたが、一般のセミナー参加者から見た場合は、個々の話はわかるけど、全体として個々の話がどのように結びついているのかが少々分かりにくかったかもしれません。

P.S. 私にも運転免許を返納する日がくるのかな ? おそらく来ないでしょう。

(文責 50回生 坂井一敏)

.

2017.10.11

2017年 第5回 バンコク湘友会 開催

去る10月 4日、今年 5回目のバンコク湘友会を開催しました。

会場はバンコク市内の日本料理店「水琴 (すいきん)」です。今回は上薗さん (56回生) の帰国送別会を兼ねた会となりました。

参加者は総勢7名。ディープなタイを知り尽くした椎熊会長 (37回生) をはじめ、頼れる兄貴の天野さん (54回生)、いつも笑顔の上薗さん (今回主役)、タイマダムの風格漂う櫻井さん (56回生)、話好きの加藤さん (60回生)、永久幹事の澤藤 (63回生) そしてバンコクが恋しく上海から遊びに来ていたOBの小見山さん (64回生/在中国上海) も顔を出してくださいました。卒年に関係なく気軽に参加できるのが湘友会の良いところです。

今回はいつになく人生経験豊富なメンバーが多く、幼少期の話から世界各国で経験してきたこと、驚いたこと等話題は尽きませんでした。また、主役 (上薗さん) への同期 (桜井さん) の突っ込みも印象的でした。

上薗さんは6年間バンコクに駐在されました。駐在中に起きた大洪水やクーデターにどう適応したかなど今後の駐在者の参考になる話もお伺いできました。バンコク湘友会へは毎回のように出席され、会員拡大にも貢献されるなど会には欠かせない存在の上薗さんのご帰国を惜しみつつ、会の最後は恒例の校歌斉唱で締めくくりました。

残された私たちは更にバンコク湘友会を盛り上げていきたいと思っています。
なお上薗さんはご帰国後に日本でバンコク湘友会OB部会を立ち上げて下さるとのことです。私たちも帰国後の楽しみが増えました。

   連絡先: sawafuji30ช้างhotmail.com  (ช้างを@に変換)

文責:澤藤(63回生)

.

2017.10.09

バドミントン部OBG会は藤沢市バドミントン協会に団体登録しました

▶市協会への団体登録
湘南高校バドミントン部OBG会として藤沢市バドミントン協会に団体登録しました。団体登録したことにより藤沢市バドミントン協会主催の大会に出場する場合に参加料が割引となります (1700円→1200円)。

▶秋季市民大会参加報告
9月24日(日) に秋葉台体育館で行われた秋季市民大会 (ダブルス) のシニアの部に小宮 (50回生)・端山 (55回生) 組が出場しました。予選リーグ 2位 (1勝 1敗) で決勝トーナメントに進出することはできませんでしたが、「楽しむ」「無事に戦いきる」という当初の目標を達成し、OBG会としての初勝利もあげることができました。

▶今後の試合予定
今年度も次のような試合が予定されています。参加希望の場合には各期の幹事を通じて、試合の2週間前までにOBG会事務局にご連絡ください。お一人での参加希望も歓迎です。

  2017年10月29日(日) 男女ダブルス 混合ダブルス
  2017年12月24日(日) 男女ダブルス
  2018年 2月25日(日) 男女ダブルス 混合ダブルス
  2018年 3月31日(土) 団体 (ダブルス男・女・混合)

2017.09.25

薄雪会 (山岳部OBOG会) が発足しました

山岳部OBOG会の再結成に向けて、平成29年9月9日、36回生から52回生までの山岳部OBOG総勢26名が湘南高校歴史館に集いました。

冒頭、発起人より、会の再結成の呼びかけに至った経緯、現在の山岳部現役生の活動の様子が紹介され、この日の出席者の自己紹介や近況報告の後、会の名称や会の運営をどのようにするかについて討議がおこなわれました。

その結果、会の名称は、思い出深い山岳部の部報「薄雪(うすゆき)にちなみ、「薄雪会」とすること、当面は今回の発起人3名が引き続き取りまとめを担当することが承認されました。

また、今後の連絡を密にしていくため、年次ごとの代表者も決まりました。そのあと、会場を変えて懇親会が開かれ、40数年ぶりの再会を喜び合い、学生当時の山で合宿の昔話で世代を超えて大いに盛り上がりました。

今回、自宅で保管されていた部報「薄雪」を持ち寄っていただいた結果、8号(昭和34年刊)から21号(昭和55年刊)まで揃えることができました。貴重な部活動の記録として、今後とも伝え遺していきたいと思っています。

次回の集まりは、来年の秋ごろを予定しております。山岳部OBOGの皆様に更に広くご案内できるよう、名簿の整理も進めて参ります。山岳部OBOGの方は、是非 下記メールアドレスにご一報ください。連絡お待ちしております。

   usuyukikai.shac❆snow❆gmail.com  (❆snow❆を@に変換)

(発起人:48回生 / 砂道・取出・武田)

2017.09.22

出展作品紹介: 30回生の第12回 悠稀会展



30回生有志で組織される悠稀会恒例の作品展が、8月28日(月)から9月2日(土)まで茅ヶ崎市民ギャラリーにて開催されました。下の「出展作品」より、力作の数々を是非ご覧ください。
.
.
.

→  出展作品

.
.
.
.
.

(展示会場内掲示の挨拶文を以下に掲載します)

「第12回悠稀会展を開催するにあたり」

平成18年 9月、第1回悠稀会展を、ここ茅ヶ崎市民ギャラリーで開催して以来、お蔭様で回を重ねて第12回展を開催するに至り、八十路を迎えた会員一同幸せに感ずると共に、今日までの皆様方と高校同期会のご支援を、深く感謝しております。

昭和30年に県立湘南高校を卒業した私達同期生は、古稀を機に有志による同好会を作り、その会を「古稀を迎えて悠々と勇気を持って進もう」との思いを込めて、「悠稀会」と名付けました。

後期高齢者と呼ばれる年頃になっても、作品を作り、発表する機会に恵まれる喜びを力に変えて、会員一同精進に努め、年一回の展覧会開催を続けて参りました。

私達の高校生活は、終戦後間もない物心共に恵まれぬ混沌とした時代ではありましたが、湘南の風土と恩師、父兄の方々のお陰で、心豊かな3年間を過ごしました。

学業と部活動を通じて良き仲間達にも恵まれ、互いに育んだ友情が今なお続いており、「悠稀会」には過ぎし青春時代に時間を巻き戻したかの様に、気取らない顔触れが集まって参ります。

会員は傘寿を迎え、見る眼が衰え、筆を握る力が弱りつつありますが、美に感動する心を持ち続けられる限りは、会の初志を忘れず、悠稀会展を続けたいと思っておりますので、今後益々のご理解とご支援を、お願い致します。

本日はご高覧頂き、誠に有難うございました。

平成29年 8月28日
悠稀会会員一同

.
.

次へ »