Home > 0.お知らせ

2016.08.24

第11回青春かながわ校歌祭


(続きを読む…)

2015.10.29

第10回 青春かながわ校歌祭: ケーブル・テレビ放送日

先月17日に秦野市で開催された第10回 青春かながわ校歌祭。今年は県内27校が参加。その様子が神奈川県内ケーブル・テレビ各局で、特別番組 (前編 約1時間、後編 約1時間) として紹介されるとのことです。 → かながわCATV放送スケジュール

2015.08.26

第10回「青春かながわ校歌祭」のご案内

本年も「青春かながわ校歌祭」が下記の予定で開催されます。
現役高校生(合唱部、応援団、ブラスバンド部)の皆さんと一緒に舞台に上がり、懐かしい校歌、応援歌を元気よく歌いましょう。多数のご参加をお待ちいたします。

  1. 日時: 10月17日 (土) 10時30分開場 11時10分開演
  2. 会場: 秦野市文化会館
  3. アクセス (バス): 秦野駅北口 ③番乗り場 秦08系統 (桜土手経由)渋沢駅行き 「文化会館前」降車 (12:50、13:17 など) または 渋沢駅北口 ①番乗り場 秦08系統 (桜土手経由)秦野駅行き 「文化会館前」降車 (12:22、13:16 など) または 渋沢駅から徒歩約20分(約1.5km)    *当日はおそらくですが臨時バスあり。
    追記 (2015/10/10) バス時刻表 (第10回青春かながわ校歌祭実行委員会より)
  4. 歌って頂く曲目 : 「青春の歌」「選手を送る歌 1番、3番」 2曲をメドレーで、最後に「校歌」()を、2番に現役合唱部員による混成4部合唱を挟んで歌います。
  5. 校歌祭終了後、本厚木駅近くで湘友会員の懇親会を行います。是非ご参加ください。
  6. 直前練習 日時: 10月10日(土)14時~ 場所: 湘南高校多目的ホール *練習後、現役生とお茶菓子で懇親会を行います。

*湘南高校の出番は14時半頃ですが、早めにご来場されて湘南高校受付 (各校受付が分かれています) で受付を済ませ、他校の演奏もお楽しみ頂くことをお勧めいたします。遅くとも13時半にはご来場下さい。

湘友会校歌祭推進委員会 田中幹男 (36回生)
今回の輪番幹事40回生代表 足立勲一郎 小室敦彦

(写真は昨年の 青春 かながわ校歌祭)

2014.09.07

第9回「青春かながわ校歌祭」の御案内

本年も「青春かながわ校歌祭」が下記の予定で開催されます。
現役高校生 (合唱部、応援団、ブラスバンド部) の皆さんと一緒に舞台に上がり懐かしい校歌、応援歌を元気よく歌いましょう。

*「直前練習および現役生との懇親会」の予定日時が変更になっておりますのでご注意ください。(9月28日 14時~)

                   記

1. 日時: 1012日 ()  11時開場 11時30分開演
2. 会場: 横須賀芸術劇場
         京急汐入駅前 (横須賀市本町3-27)
3. 歌って頂く曲目: 「青春の歌」・「選手を送る歌」
              2曲をメドレーで、
              最後に「校歌」を、
                2番に現役合唱部による混成4部合唱
                を挟み歌います。
4.校歌祭終了後、会場近くで湘友会員の懇親会を行います。是非ご参加ください。
5.直前練習  日時:928日 () 14時~
          場所: 湘南高校多目的ホール
練習後、現役生とお茶菓子で懇親会を行う予定です。

湘友会校歌祭推進委員会 田中幹男 (36回生)
今回の輪番幹事 39回生代表 入江泰彦 堀口みゆき

2014.08.30

ご報告:平成26年度イブニングセミナー特別企画 ”TSUNAGU!!” 平和祈念 くすのきコンサート

今年も8月15日(金)に平成26年度イブニングセミナー特別企画として、「TSUNAGU!!平和祈念 くすのきコンサート」を開催しました。一昨年から始まった「湘南高校イブニングセミナー」は、東日本大震災後に掲げられた県のグランドデザイン「いのち輝くマグネット神奈川」を反映した、全国に先駆けた一般市民対象のセミナーです。

当日は、関西・近畿地方からの大雨のニュースに被害が少ないことを願いつつ、今なお道半ばの東日本大震災からの復興を想い、過去の災害で犠牲になられた方々のご冥福と、平和を祈念したコンサートでした。湘南高校も91年前の9月1日の関東大震災で被災し、犠牲者が出ました。その十年後に楠公生誕の地からいただいた150本のくすの樹の苗は、81年経ったいま、数本の大木となり、ここから巣立つ生徒を見守り続けてきました。

岩嶋厳峰氏(独立書人団 神奈川県支部代表)の揮毫した今年のテーマが舞台に踊る中、会場全体の校歌で開幕、校長先生から秦野のもう一つの「風立ちぬ」のエピソードが紹介され、ついでNHKコンクール神奈川県大会で38年ぶりに銅賞に輝いたばかりの現役合唱部の演奏が披露されました。その後、91歳でなお背筋の真っ直ぐな北島令司さんより、生前の赤木校長のお宅に上がったこと、特攻隊を援護したパイロットとして経験したこと、毎月あった空襲に藤沢市だけが逃れられたエピソード、そこから平和は一人一人の家庭からと思い至り、今も地域のために活躍されていることを伺いました。お話の後、今年は帰省を控えておられる北島さんに、会場全体で「ふるさと」の合唱を贈りました。

後半は定時制代表・小林バンドの驚きのソロにつづき、卒業生有志の合唱、湘南で教えていらした二期会のソプラノ歌手、平松亮子さんのソロ、現役合唱部と卒業生の合同合唱、閉会の挨拶で終了しました。

卒業生有志の指揮には、OBで世界で活躍する著名な指揮者が登場し、だれもが驚きました。本番直前にご本人指揮のDVDで復習をしていた卒業生一同は、懐かしさと驚きで一挙に高校時代に戻りました。奇しくも前回のNHKコンクール優秀賞を獲得した卒業生と、今年の銅賞の合唱部員が一同に会したことになりました。お客様をお見送りした くすの樹の下では、演目を終わっても、指揮者を替えながら愛唱歌が次々歌われ、名残りを惜しみました。

歌で、文字通り「絆」を、そして改めて平和の有り難さを感じるひとときでした。まだいらしていない皆さま、来年は是非ご一緒に歌いましょう。そしていらしてくださった皆さま、また来年にお会いしましょう。

次へ »