Home > 3.同窓会・同期会 > 3.全32回

2013.12.25

湘南32会2013総括

2013年も親睦会は4回行なわれ、多くの参加者でにぎわいました。

人は守る事に執着する。健康、家庭、国家・・・・きりはない。しかし防空識別圏とか秘密保護とかは、守る事より開かれた方が平和だろう。我々も何時しか後期高齢者となり、守りたくても年齢は無理、ならば生きている間は人生は楽しくありたい。

流石にスコアは落ちるのみで守れない、それでも仲間との絆を守り青春時代の気持ちを取り戻す。健康を守るのもままならぬ、会員は増えては来たが体調不良で不参加者がでる。それでも常時20名程度は元気な姿を見せてくれました。

3月湘南カントリー、6月冨士小山、9月冨士カン、12月茅ヶ崎ゴルフ倶楽部と終え、又来年も持ち回りで続く。
.

2013.01.07

湘南32会 2012総括


★★★★★湘南カントリークラブにて (2012/03/30)
   
写真は全て、クリックすると拡大します。

お粗末な政治に終止符を打ち景気上昇の気流に乗るか、決して暴走とは思えない先輩がどのような政治手腕を発揮するか、兎も角、明るい2013年になって欲しい。

我々世代も消費に微力ながら貢献し、ゴルフの親睦を通じ、政治、経済にも自論を熱く語り口角泡を飛ばす。

まだまだ気持ちは若く、体力も維持しながら、2012年は 3月 湘南カントリー、6月 茅ヶ崎ゴルフ、9月 平塚富士見カントリー、12月 レインボーカントリーと大いに盛り上がり、2013年は第30回と節目の回から始まる。

ゴルフ親睦会の参加者は毎回20数名と盛況である健康に不安が出たりして不参加者も居るが、彼等が戻ってきて、そこに新たに増えた会員も加われば、30名程度のコンペが出来る勢いである。

2011.12.25

湘南32会2011年総括

今年は「災」により日本列島苦しめられたが、自然災害に想定など出来ようもない。東日本大災害被災地、奈良、和歌山の大水害被害地は一日も早く復旧をし、経済を立て直さなければならないのに頼りない政治は右往左往。矢張り我々年寄は、ボランティア代わりに被災地に訪れる旅支援が向いているかも。元気に消費し沈んだ日本の潤滑油になれば幸いであろう。今年も元気にゴルフ親睦会を行い、
12月5日冨士カントリークラブにて
(さらに…)

2010.12.15

湘南32会 2010年総括

今年の干支は我等の年代の寅、吼え足りない部分も有ったが無事年を越せそうだ。特にわが国の政治のお粗末さには日々うんざりする。
そんな中でもこの暮れに来て先輩の世界的快挙に救われた感がする。
今年の親睦会も4回開催、校友会館建設資金としてささやかな貢献もさせて貰った。参加費の一部だが皆の好意で個性ある会館が建設される事を望む。
茅ヶ崎ゴルフ倶楽部での集合写真

各回の写真も含めて (さらに…)

2010.01.05

湘南32会2009総括

年が明けても時は休む事を知らず、我々世代には容赦なくと言う感じではあるが、まだまだホームストレッチの手前のコーナーあたりで鼻息荒く走っていたいものだ。
2009年は3月、5月、9月、11月と親睦会を重ねて来た。
常時4組か5組程度まで会員も増え、今年の新春の親睦会は6組となり始めてアウト、インのセパレートで平塚富士見C.C.で近々開催予定である。
1年間を通じ色々ドラマもあり、あわやホールインワンという証拠写真としては、入った時より感動があるシーンを撮る事が出来た。それぞれのドラマと昔話を懐かしむプレー後の懇談を今年もまた楽しみたいものである。
あわやホールインワン、あと1センチ 惜しくもエースを逃がした田中君
各回の写真 2009年各回の写真

次へ »