Home > 2月, 2018

2018.02.26

33回生の第15回燦々会の記録

33回生の燦々会の第15回目が2017年10月27日12時、横浜ベイシェラトン・ホテル&タワーズで、旧6組が幹事役を務めて開かれました。出席者は、59名でした。

今回も来賓として宮原先生がご出席になり、変わらずお元気なご挨拶をいただきました。

物故者への黙とう、校歌斉唱ののち和やかに歓談し、旧交を温め、来年以降を期して、応援歌を歌って散会しました。

また、今回は初参加の会員が2名あり、一言ずつの挨拶をもらいました。

長い間校歌応援歌の指揮をしていただいた井出 (中村) 壬一さんが2018年 2月23日に急逝されました。謹んでご冥福を祈ります。

次回は2018年の10月26日(金) に開催されることになっています。

江崎 眞幸 (33回生)

2018.02.25

悠稀会 有志展のご案内 (歴史館 GALLERY SHONAN ART)

湘美会のご厚意により、歴史館にて現在行っている「悠稀会展」 (全4回予定) も 1月26日には第2回展の「油彩画」の展示が終了し、

1月29日より4月7日まで第3回展として「写真」の展示を致しております。

尚、第4回展は4月9日より6月8日まで「組み木・拓本・詩と絵・書」を展示致します。

「悠稀会」は卒業後50年を経て還暦となった有志が、健康である証として年に一度、趣味の展示を「茅ケ崎市民ギャラリー」で行っている展示会で、昨年で12回を重ねることができ、全員が80歳を超えました。

是非ご高覧いただきたくご案内申し上げます。

庭屋 (30回生)
第2回展・第3回展」の展示内容

タイトル: 悠稀会有志展 Ⅱ 油彩画
会期: 2017年11月20日(月)~2018年 1月26日(金)
展示場所: 湘南高校 歴史館 GALLERY SHONAN ART

出品者と作品:
坂間信義
  ① 安曇野 縦F50 96×123
  ② 果物 F4 38×47
鈴木道夫
  ① 緑陰の小径 F4
  ② 霧の峰 SM
古谷敏夫
  ① 柿の実 F8 42×50
  ② 静物 F8 42×50
  ③ お地蔵さん
柳川 隆
  ① 昼下がりの無人駅(JR・鶴見線) F8 60×53
  ② 写生日和(横浜・山下公園) F10 47×54

悠稀会 有志展Ⅲ

「第2回展・第3回展」の展示内容

タイトル: 悠稀会有志展 Ⅲ 写真
会期: 2017年 1月29日(月) ~ 4月 7日(金)
展示場所: 湘南高校 歴史館 GALLERY SHONAN ART

出品者と作品:
石田和以
  ① 紅梅 縦 34.8×45.2
  ② 白梅 34.8×45.2
庭屋恵一
  ① 茶室 [三渓園・横浜] 60×50
  ② 茶室 [明月院・鎌倉] 60×50
  ③ 茶室 [うかい亭・東京] 60×50
長谷川浩一
  ① 伊豆半島と富士 38×45
  ② 夕なぎ 38×45
  ③ 弧船 38×45
三上隆夫
  ① バルーンアート 44×58
  ② ラインダンス 44×58
柳川 隆
  ① 後輩達の夏2016(闘志満々) A3 37×49
  ② 後輩達の夏2016(湘南先制) A3 37×49
  ③ 後輩達の夏2016(桐光の反撃)A3 37×49

2018.02.24

ブラジル湘友会報告

2018年1月26日(金) に新年会及び、新会員(中島さん) の歓迎会という事でサンパウロ (リベルダーデ) にてブラジル湘友会を開催いたしました。

貞方会長、中山さん、古口さん、門脇さん、上野さん、中島さん、加賀谷(記) の7名でブラジル湘友会の会員名簿の更新を行いました。

新会員の中島さんは丸紅のポルトガル語研修生として2年の任期で来伯されており、2018年3月で日本に帰任されてしまいますが、24回生の中山さんから85回生の中島さんまでそろい、世代を超えた交流に、改めて湘南高校の歴史を感じられていました。

次回は2018年3月に中島さんの壮行会を開催したいと、検討しております。

加賀谷 (全77回生)

2018.02.23

第61回セミナー報告「スポーツで横浜を元気に」

  • 日時: 2018年 1月20日(土) 13:30~15:30
  • 場所: 湘南高校 歴史館
  • テーマ: スポーツで横浜を元気に ~ラグビーワールドカップ(2019)、東京オリンピックパラリンピック(2020) への横浜市の取り組み~
  • 講師: 西山 雄二 氏 (51回生)

  第61回湘友会セミナーのご案内

【はじめに】
横浜市市民局長の西山です。平成20年から約10年間、スポーツ振興、大規模スポーツイベントに取り組み、横浜の活性化、横浜の世界への発信を進めてきました。

【世界卓球選手権 横浜大会 2009 (平成21) 年 4月~5月 】
新横浜の「横浜アリーナ」を会場に8日間開催され、146の国と地域から約1,500人の選手と役員が参加しました。総観客数は64,829人で、現在ほどの人気競技ではありませんでしたが、5月2日、3日は両日ともチケットが完売となり、大変な賑わいを見せました。
当時19歳の水谷準選手がダブルスで銅メダル、当時16歳の石川佳純選手がベスト8と、日本選手の活躍も目立ちました。

(さらに…)

2018.02.10

湘南高校歴史館・湘友会事務所臨時休業のお知らせ

高校入試期間のため、
2月13日(火)~20日(火)
湘南高校歴史館、湘友会事務所は休業とさせていただきます。

歴史館運営委員長   石渡哲男
湘友会事務局長    飯野光吉

2018.02.09

第62回 湘友会セミナー報告 ~「肩」から自分の体を見直そう!

  • 日時: 2018年 2月 3日(土) 13:30~15:30
  • 場所: 湘南高校 清明会館 2階 研修室
  • テーマ: 「肩」から自分の体を見直そう! ~いつまでもカッコよく、健康でいるために~
  • 講師: 筒井 廣明 氏 (44回生)

  第62回湘友会セミナーのご案内

セミナーの事前案内の中では「テレビでお馴染みの」という記載がありましたが、私 (50回生 坂井) は、あまりテレビを見ないので、筒井先生の名前と業績について事前には知りませんでした。

しかし、「いつまでもカッコよく 健康でいるためのセミナー」というセミナーのテーマどおり、セミナーが開始される前に参加者の方と歓談する筒井先生は、実にはつらつとされており、姿勢が良いことにまず驚かされました。

筒井先生のセミナーの内容を要約すると、肩の動きは、複数の筋肉による複雑な動きのバランスにより成り立っているというものです。また、筋肉の動きは、肩だけでなく体全体でも、常に複合的に調整され、体全体の運動が成り立っており、その筋肉の動きが複合的に調整された結果は、体を外から眺めた際に姿勢という形に表れるというものでした。

このレポートを書いている私自身は、以前アマチュアの競技者として自転車競技の短距離種目に取り組んでいました。

筒井先生の説明された筋肉の複合的な動きという概念は、自分の体を通してある程度理解をしていましたが、先生のお話は、まさに複数の筋肉が目の前で立体的に動いているかのようにイメージができました。

体の動きを口でしゃべって説明するという行為は、とても難しい作業です。「ぐぅ~と引き付けて パッと離す」などなど、体の動きを言葉にする作業は微妙なところがいろいろありますが、先生の話には、トップアスリートの体を長い間 診てこられた実績とスポーツに対する愛情が、言葉の端々ににじみでていました。

セミナーの後半は、セミナー参加者がかかえる体の問題を、その場で診断して治すというさながら臨時の整形クリニックのような状態になりました。このようなパフォーマンスが出来るようになるには、とてつもない数の症例を診て、いろいろな試行錯誤があったのだろうと想像しました。

最後に、先生より、「自分の体がどのように動いているのかを客観的に知ることが重要」というアドバイスがありましたが、これからは、姿見で自分の姿勢を注意してチェックしていこうと思っています。鏡や写真は、正直で嘘をつかないからな~。

坂井 一敏 (50回生)

次へ »