第77回湘友会セミナーのご案内「映画取材現場の舞台裏 ~ハリウッドスターの素顔、映画が変える社会・人生~ (仮)」

  • 日時: 2019年 5月11日(土) または 5月18日(土) 14:00~16:00
  • 場所: 湘南高校 歴史館 スタジオ
  • テーマ: 映画取材現場の舞台裏 ~ハリウッドスターの素顔、映画が変える社会・人生~ (仮)
  • 講師: 斉藤 博昭 氏 (全57回生)
  • 対象: 湘南高校 卒業生、在校生、教職員
  • 参加費: 無料
  • 事前申込: 不要

【概要】
昨年から今年にかけても『ボヘミアン・ラプソディ』が社会現象となる大ヒットを記録するなど、映画は、その時代を反映するカルチャーとして愛され続けてきました。そして多くの監督やスターも映画の歴史に名を刻んでいます。

では監督やスターたちは、どんな思いで映画を作り上げているのか。そしてスクリーンで役を演じる俳優の本当の顔とは? 世界的な大スターへの取材が行われる舞台裏や、映画のロケやスタジオでの撮影の実態、ハリウッドでの映画賞授賞式、世界の映画祭も含め、さまざまな取材経験から「映画の現場」を解説していきます。ジョニー・デップやレオナルド・ディカプリオ、アンジェリーナ・ジョリー、渡辺謙、ジャッキー・チェン、『ボヘミアン・ラプソディ』のラミ・マレック……。数百人もの映画人にインタビューを重ねてきた経験から、彼らの知られざる一面もお伝えします。

湘南高校時代には映画研究部に所属していた講師が、現在、映画に関わる仕事についたこと。フリーのジャーナリストとしての仕事の難しさ。そして観客として映画をどのように観るべきかなど、「映画が変える社会や人生」から、「言葉で伝えること」、「仕事との向き合い方」を参加者とともに話を広げていく予定です。

【講師プロフィール】
1982年 湘南高校卒業
1986年 上智大学 文学部卒業
出版社などの勤務を経て、1997年よりフリーランスの映画専門ライタージャーナリストとして週刊誌、映画誌、コミック誌、映画サイトなどさまざまな媒体に寄稿。国内外で映画関係の取材を行い、インタビュー記事も数多く執筆している。
日本映画ペンクラブ会員。
国際映画批評家連盟(FIPRESCI)会員として、コロンビアのカルタヘナ国際映画祭、韓国の釜山国際映画祭では審査員を務めた。