Home > 0.☆湘南高校 歴史館☆

2017.07.18

第57回 湘友会セミナーのご案内

  • 日時: 2017年 9月 2日(土) 14:00開始 16:00終了予定
  • 場所: 湘南高校 歴史館
  • テーマ: 私が運兼免許を返納する日
  • 講師:  赤松幹之氏 (49回生)
  • 対象: 湘南高校 卒業生、在校生、教職員
  • 参加費: 無料
  • 事前申込: 不要

.
【講演内容】

 ☞ 私の専門分野について
 ☞ 人間工学とは
 ☞ 自動車の運転と知覚
 ☞ 自動運転の現状と未来
 ☞ 私が運転免許を返納する日
.
【講師プロフィール】

赤松 幹之 (あかまつ もとゆき) 49回生
物理無線部 OB
産業技術総合研究所 自動車ヒューマンファクター研究センター 主席研究員
.
【講師より】

私は、自動車の運転が大好きです。自ら自動車という機械を運転するという行為は 「喜び」や 「楽しみ」 が伴う行為ですが、そんな私も、永遠に自動車を運転できる訳ではありません。

私は、いつまで自動車を運転することができるのでしょうか ? 自動車に全てを任せて目的地まで私を連れて行ってくれる日は来るのでしょうか ?

私が、仕事としてかかわってきた人間工学ヒューマンエラーの研究は、今や自動運転という近い将来実現するべき大きな開発テーマの中の一分野となっており、私自身も、仕事としてかかわっています。

自らの研究テーマと個人的な楽しみとしての「運転」という行為が相互に関係しあい、近い将来、私自身の肉体の衰えを機械が全てカバーしてくれる日が来るかもしれません。

自動運転開発現場の最新事情と合わせて、「私が運転免許を返納する日」について皆さんと共にディスカッションしたいと思います。

.

.

2017.07.15

第53回湘友会セミナー報告

テーマ: 日本の医療体制の特徴と医療費の動向
    (副題) 日本の保険医療は素晴らしいか
講師: 大久保一郎 (50回生)
    横浜市健康福祉局衛生研究所長
日時: 2017年 5月20日  14:00~16:00
場所: 湘南高校歴史館 
.
【 講師の経歴と専門分野など 】

講師である大久保氏は、筑波大学医学群 (学部) で医師の資格を取得後、厚生省 (現・厚生労働省) に勤務し医療保険制度に関する分野に幅広く取り組みました。その後、筑波大学に戻り、医療統計や公衆衛生学を中心に研究を続け、現在は、横浜市健康福祉局衛生研究所に勤務しています。

今回の報告書は、医療分野には全くの門外漢である大久保氏と同級生の私が、自分の興味がある事柄を切り口にして、独断でまとめました。 


【 セミナーの内容 】
.

1) 人口動態・平均寿命・健康寿命

人口ピラミッドは、何度見ても見飽きる事はありません。戦後のベビーブームとそのベビーブーマーの子供達が、日本の人口ピラミッドの形をいびつにしていることが良く分かります。

2050年に老人人口を押し上げるのは、ベビーブーマーの子供達が老人になるからという事になります。 「20年後のあなたは?」「そして あなたの子供達の世代は?」「また その子供達の世代は?」 ???。 政治体制や経済の分野では将来、世の中がどのように変わるのか、想像がつきませんが、ただ一つかなり正確に未来を映してくれる鏡が、人口ピラミッドという訳です。

健康寿命の定義は、 「痴呆や寝たきりにならない期間のこと。 日常生活に制限のない期間のこと」 となります。2010年度の数字は、男性70.42歳、女性73.62歳です。 
.

(図1) 人口ピラミッドの推移 (総務省統計局・統計データより)
.

2) 病院のベット数の国際比較および医師の数との対比

日本の場合、総病床数は人口千人あたり 14床で、諸外国と比較してもベッドの数は多いといえます。しかし、病院に入院している日数も長くなっています。一方、人口あたりの医者の数という点で見ると、医者の数は少なくなります。

項目1) の健康寿命の話と合わせて考えると、太く短く生きるのか? 細く長く生きるのか? というような人生観や死生観も、国の医療制度と密接に結びついているのだろうと解釈しました。

.
(図2) 人口あたり総病床数の国際比較 (OECD統計データより)
.
.

3) 国民医療費の推移と財源について

医療に要する金額の絶対値だけでなく、対GDP比率で過去からの推移をまとめたグラフは興味深いものでした。国民医療費の割合は対GDP比でみても、グラフは右肩上がりになっています。大久保氏より提示された資料は、以下の様な内容をまとめたものです。

  ・疾患別の医療費の合計
  ・財源別保険料 国庫 患者負担 の割合
  ・後期高齢者医療制度
  ・診療報酬制度

当たり前ですが、打ち出の小づちが有る訳ではないので、3) の話の骨子は、発生する医療費をどのような財源でカバーするのか? という極めてシビアな話でした。やはりGDPというお金の裏付けがないと満足な社会医療給付も受けられないことになりますが、これは、個人のレベルでの話も、国全体で考えた場合の話も同じです。国際比較の場合も対GDPという形で各国との比較がおこなわれました。

  年金: 米国を上回るが他の欧州諸国をやや下回る規模
  医療: 米国や欧州諸国を下回る規模
  その他給付: 米国を上回るが、欧州諸国をかなり下回る規模
.

(図3) 国民医療費の推移 (厚生労働省・統計情報白書より)
.
.

まとめ

今回のセミナーは、疾患に対して、どのように財源を確保し、どのように配分するのかという国の保健衛生に関するグランドデザインについて、要点を説明してもらったことになります。この問題は、生きている限り、誰もが必ず何らかの形で向き合わなければならない問題です。このセミナーでは、将来必ず自分が向き合わなければならない問題を、少し前倒しの形で垣間見ることができたと言えます。

また、私達の世代、その子供の世代というように時間の軸は連続的に変化していますが、その中で様々な政治的な選択がなされ、現在のそして将来の医療制度の仕組みが成り立っていることが良く分かりました。
.

2017.06.20

湘美会有志展Ⅳ

  • 展覧会タイトル: 湘美会有志展Ⅳ
  • 会期: 5月29日(月) ~ 9月 1日(金)
  • 出展者: 内藤 英敏 (42回生)

.
美術部OBの来歴も恥ずかしく湘南高校卒業後はまったく絵筆を持つこともなく今の齢を迎えましたが、ここに至り、幼い孫達の絵の具遊びに触発されて再び画布に向かう楽しさを思い起こしました。このたびギャラリーに出展させて頂く機会に恵まれ、心を浮き立たせています。

作品 6点、いずれも数十年ぶりの遊び心に発するものです。

 ► 「安らぎの小景」=P10 (67×55)
 ► 「消えない炎」 =M12 (74×55)
 ► 「恋の駆け引き」 =F12 (74×63)
 ► 「プリマを夢見て」 =P20 (78×60)
 ► 「行き先の無い電車を待つ男と女」 =F20 (83×71)
 ► 「原色図鑑」 =P8 (51×38)
 ※ 全て キャンバスにアクリル絵の具
.

2017.05.25

第54回湘友会セミナー湘南高校在校生対象のポスターを掲示しました

6月開催 湘友会セミナーのご案内
       「なんとなく できちゃったCM というものは存在しない」

6月24日(土) 14時~16時 湘南高校 歴史館 スタジオにて開催の
    第54回湘友会セミナーは
        人気CMプランナーの福里真一さん (62回生)
を講師にお迎えして「宇宙人ジョーンズはなぜ生まれたか?」と題して開講されます。

本セミナーを湘南高校在校生に知って頂く為に在校生向けポスターを講師の福里さんのご協力のもと湘友会セミナー委員会にて作成し、1学年9クラス×3学年、計27教室と校内掲示板等に貼付致しましたことを御報告するとともに、会員の皆様にも当Webページにて御披露致します。

是非第54回湘友会セミナー参加してみて下さい。

湘友会セミナー委員 尾髙 忠昭 (36回生)

2017.05.20

[湘南高校歴史館会議室の利用案内]

1. 利用対象者と利用目的

 ► 湘南高校教職員の会議・打ち合わせ等
 ► 湘友会のクラブOB・OG会、同期会、クラス会の打ち合わせ等
 ► PTAの会議・委員会・打ち合わせ等

2. 利用可能日時

 ► 月曜から土曜 (祝日を除く) の13:00~17:00 (歴史館が開館している時間帯)

3. 申込方法

 ► 利用希望日の2ヵ月前から3週間前までに、所定の利用申込書にて、
   湘友会 事務所に持参、郵送、FAXにてお申込みください。

    利用申込書ダウンロード

湘友会事務所
  〒251-0021 藤沢市鵠沼神明5-6-10 (湘南高校歴史館内)
  Tel&Fax 0466-50-0386
  月曜から土曜(祝日を除く)の13:00~17:00 (事務所幹事在室)



4.注意事項

 ► 喫煙はできません。
 ► ご利用の後はゴミの処理、簡単な清掃および机や椅子の整理をお願いし
  ます。

(以上)

次へ »